2021年10月17日

トランク3体

茶色のCHERRY2体はカメラマン用のトランクのようで、相当古いが、どちらも未使用のもの。カメラ用に特化してあるようで作りはシンプルな組み立て方式で要所を金具で留めて底抜けを防止して、重量に耐えるようになっている。用の美という感じで無駄が無い。当時はいくらで売っていたんだろう?現在はカメラの重さに耐えるナイロン素材の軽量なものが中心になっているので重いトランクはもう売れないんだろうなあ。昔を感じさせる逸品。
DSC01047.JPG
DSC01050.JPGDSC01054.JPGDSC01052.JPGDSC01051.JPGDSC01049.JPGDSC01048.JPG
こちらは2010年に倒産した明治22年創業のマルエム松崎のパイロットケース。松崎にはボーンフレームバッグで取材に行ったことがあるので倒産前に明治からの資料を見せて欲しかった。ブランドタグには「プレジデント松崎」とあるので結構な高級ラインだったのではないだろうか?要所のカーブ部分には手縫いが施してあり職人技が感じられる。内装の接着は安っぽくて、プレジデントなんだからもう少し贅沢に作ってほしい。剥がれた部分を見ると芯はベニヤ板。真鍮無垢を思わせる留め具はゴムで底上げされてた。作りは底面と側面が1枚革をコの字上に曲げて作ってあるのでどんなに重くても底抜けの心配はない。
DSC01055.JPGDSC01057.JPGDSC01064.JPGDSC01065.JPGDSC01060.JPGDSC01061.JPGDSC01059.JPGDSC01062.JPGDSC01058.JPG
DSC01063.JPG
posted by entotsu at 23:18| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする