2022年03月14日

CWニコル兄貴のアファンの森に初めて行った時。

ニコル兄貴のアファンの森を初めて訪ねたのが24年位前になるからこの時のニコル兄貴はまだ60歳くらいかしら、若いねえ。まずは日本の森の再生のためのテストケースの森をアファンの森と名付けて死んだ森を再生させた。刈っているのは行者ニンニク、原木シイタケ.
DSC02492.JPGDSC02497.JPGDSC02496.JPGDSC02498.JPGDSC02499.JPG
此方は自宅の入り口。
DSC02493.JPGDSC02494.JPG
空手7段の証書。書斎。台所の香辛料。自宅の周りの木には小鳥たちの為に脂身が吊るされている。
DSC02490.JPG
DSC02489.JPG
DSC02491.JPGDSC02495.JPG


posted by entotsu at 00:39| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月11日

イングランド製トランク

牛久教室のSさんが出モノがありましたよとイングランド製のトランクを持ってきてくれた。革がまだ生きていて保存状態が非常に良い。面白いのはタグが付いていて名前と所属部隊が書いてある。要するに戦時中に使われていたモノなのは分かるが、何故に鬼畜米英の時代にイングランド製のバッグを使っていたんだろう?いったいどこで手に入れたんだろう?もし外国で働いていたなら船の渡航シールが貼ってあるはずだが奇麗に何もない。こういう鞄の履歴が面白い。さらに不思議なのがネームタグに毛が生えている。これはいったいどこで使っていたんだろう?厳寒の地でしょうか?カギはアルミだけど形状が面白い。取っ手の押さえが真鍮である。
DSC02468.JPGDSC02473.JPGDSC02469.JPGDSC02470.JPGDSC02471.JPGDSC02474.JPGDSC02472.JPGDSC02479.JPGDSC02476.JPG
posted by entotsu at 00:40| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月09日

上野の森美術館アートスクール火曜昼合評会

火曜昼の二日間で描く自由制作の作品です。多種多様!いろいろ取り組んでいます。
DSC02466.JPGDSC02467.JPGDSC02459.JPGDSC02465.JPGDSC02464.JPGDSC02462.JPGDSC02463.JPGDSC02460.JPGDSC02461.JPG
これは僕が描いているスペインモンテフェリヲ。アクリル垂らし込み下地に和紙を貼ったモノに描いてます。
DSC02456.JPGDSC02457.JPGDSC02458.JPG
posted by entotsu at 01:26| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする