2022年03月15日

万年筆で描く線の変化に思う事

久々に福音館のたくさんの不思議の「その先どうなるの」を見てたまたま、その2年後にNHKの英語であそぼ、に描いた「カタツムリとサル」を見ていたら、線が全然違っているのに驚いた。「そのさきどうなるの」は初めて万年筆博士の田中さんに作ってもらった0.13ミリの線が出る万年筆だけで描いたもので、まあこれが大変でやたら時間が掛かって描いた。さすがに硬くガシガシである。それが「カタツムリとサル」になるとのびのび引いている。習うより慣れろですなあ。こちらがまず「そのさきどうなるの」
IMG_2283.JPG
IMG_2284.JPGIMG_2285.JPGIMG_2286.JPGIMG_2287.JPGIMG_2288.JPGIMG_2289.JPG
こちらが「カタツムリとサル」」
IMG_2290.JPGIMG_2291.JPGIMG_2292.JPGIMG_2293.JPG
posted by entotsu at 01:58| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする