2022年03月17日

パイロット顔料インク

早速パイロットから発売された顔料インクを日本橋三越ペンステーションで買ってきた。売り場的には伊東屋のワンフロアーの半分くらいの面積。特筆すべきはインク棚の多さでありとあらゆる種類のインクが並べられている。僕は顔料インク以外は興味が無いので買ったのはパイロットだけだが、僕の前に並んだおば様はなんと50万円もインクを買っていた。
以前パイロットで取材した時に顔料インクは作らないんですかという問いに「中途半端な商品としては発売しません」と言われていたので、今回の顔料インクは快心の作なのだろう。期待しますねえ。まず、インク瓶は従来のモノを流用。あくまでも実用品としての価格30CCで1000円である。偉い!敬意を表してKAKUNO新作のペン先の顔にバリエーションのあるクリスタル軸を買ってインクを入れてみた。黒はプラチナカーボンに比べると薄い。青も薄い感じ。ブルーブラックは濃くて使えますなあ!耐水性は5分乾かして水を掛けたけど、全く溶け出さず優秀。
DSC02515.JPGDSC02514.JPGDSC02516.JPGDSC02520.JPGDSC02517.JPGDSC02518.JPGDSC02519.JPG
posted by entotsu at 03:00| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする