2012年02月29日

近藤さんの新作万年筆ポシェット

名古屋教室の近藤さんが新作万年筆ポシェットを作ってきてくれた。まずこれは「カバンの達人」出版祝にクレマチスのご両人から戴いた風呂敷、これを小さなポシェットにしちゃうと鯉を切らないといけないので鯉を生かしたトートバック。内側は古い三河木綿。
DSC08189.JPGDSC08190.JPGDSC08191.JPG
これは4本入りポシェット。眼鏡も入るように大きめにしてもらったもの。
DSC08192.JPGDSC08193.JPGDSC08194.JPG
これが3本入りポシェット。間しきりに外側から縫い込んである。
DSC08195.JPGDSC08196.JPGDSC08197.JPG
これはぷよぷよ1本差し。綿入りなので持った感じがいいのよ。この太っちょな感じは持って気持ち良い。新たな流れかも。
DSC08198.JPGDSC08199.JPG
こちらもパッチワーク風3本差し。なかなか面白いでしょ。
DSC08200.JPGDSC08201.JPG
こっちはまあ関係ないんだけど、今日上野の後トラットリアイタリアに食事に行ったらウナックの似顔絵をもっと安くしてというので結局ワインと交換で4枚描いた。うち1枚は愛犬だそうです。
DSC08219.JPGDSC08221.JPGDSC08222.JPG
posted by entotsu at 04:19| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする