2015年11月24日

黒姫、鶴さんのコンサート

CWニコルさんとの語る会が11年続けていたのが震災で罹災した松島の小学校再建にニコルさんが中心となっての活動が始まり多忙のため会が存続できなくなった。そしたら今までお世話になってきたオーベルジュ竜の子のおかみさんが「11年やってきたんだからいきなり辞めないで。」ということでそれなら元ブロードサイドフォーの鶴原俊彦さんのコンサートをやろうと言うことで3年前から初めて今回が3回目。1回目の時に伴奏のサックスの設楽圭司さんが1型糖尿病の悪化に加えて腎臓癌が進行。来年は無理でしょうと言って皆で今生の別れを手を握り合って涙ながらにやったのだけど次の年鶴さんに聞いたら。「まだ生きてるからやれるよ。」ということで設楽さんの伴奏でコンサートをやった。設楽さんが「俺、去年よりは元気かもしれない」というでじゃあまた来年と言っていたのが今年は2週前に手術になり、コンサート前日に退院するから今年も行くよといっていたのが合併症を併発して再手術になり絶対安静で今回は来れなかった。コンサート中に電話があり「今回は御免!来年は大丈夫だから」というので来年の予約もした。老齢になってきて面白いのは皆さん死を的にしてジョークを言うのだ。これはこういう年齢にならないとこの体を張ったジョークは分からない。ヒトは愛らしい側面も持つのだ。コンサートの始まる前からすでに飲みは始まる。
DSC00811.JPGDSC00814.JPGDSC00815.JPGDSC00822.JPG
この会の恒例になった日本で唯一小林哲夫本人からカバンが買える。今回はなかなか小品も充実。
DSC00789.JPGDSC00791.JPGDSC00792.JPGDSC00794.JPGDSC00790.JPGDSC00795.JPGDSC00797.JPGDSC00806.JPGDSC00801.JPGDSC00800.JPG
コンサート終了して食事。元アファンの番人松木さんも来てくれました。松木さんの話は何時聞いても面白い。
DSC00843.JPG
DSC00845.JPGDSC00852.JPGDSC00851.JPG
次の日は善光寺に寄って着ました。桃嬢ご推薦のとんかつ蕎麦。牛のおみくじ、閻魔のおみくじ
DSC00876.JPGDSC00875.JPGDSC00872.JPGDSC00870.JPGDSC00859.JPG
こちらは小諸のTYOUJIANのクルミ蕎麦ときのこ蕎麦と野沢菜
DSC00936.JPGDSC00934.JPGDSC00935.JPG
posted by entotsu at 01:22| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする