2016年11月29日

カーボンペンがリニューアルされてました。コクヨ鉛筆ペンも新作

プラチナカーボンペンがリニューアルされていて新しい形態になっていた。ペン先は変わらないようだが胴軸はリニューアルされている。カーボンペンのネーミングの印刷位置が縦から横に変わった。包装も完全に海外ターゲットに振っているようで初めて英語で詳細な説明文が付いた。中屋が好調で海外発注が増えたのでどうやら海外で売り出すようだ。まあこのクオリティーでパーマネントインクがカートリッジで使えるのだからこれは売れるでしょう。しかもあの訴訟の多い国に向けて「耐光性、耐水性」をきっちり表記してるのでこれは自信がありますね。キャップはスリップシールドではないのだが、このキャップ自体が相当機密が良いようなので必要ないのかも。プレッピーにまでスリップシールドついてインク乾きませんと言ってますからね。
IMG_1404.JPGIMG_1405.JPGIMG_1412.JPGIMG_1418.JPGIMG_1416.JPGIMG_1417.JPGIMG_1410.JPGIMG_1411.JPGIMG_1409.JPGIMG_1408.JPG
こちらはコクヨのえんぴつシャープ。今までの軸は130円くらいでバカ売れしてたのだが実売260円くらいで値段を倍にしてきた。形態はいままでの鉛筆路線からただのシャープペンシル形態になった。全然面白くない。回すと消しゴムが出ます!などと言っているが他もみんな出るよ。あくまでも鉛筆形態にこだわり、材質重さ長さを様々にして理想の形を探せばよかったのに、なんだか贔屓にしてたのでがっかり。
IMG_1414.JPGIMG_1415.JPGIMG_1413.JPG
posted by entotsu at 01:28| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする