2017年01月09日

ついにパイロット折れないシャープペンシル参戦

パイロットが芯が折れないシャープMogulairを出した。さすがのパイロットも折れない芯市場を無視できなくなったという事でしょうか。その名前がイマイチ、Mogulairと書いてモーグルエアーと読むそうだがちょっと見モグラーーー!としか読めない。芯がモグルわけだからモグラの方がぴったりくる。しかしこの形状はゼブラのデルガードそっくり。デルガードが縦方向のクッションが芯が引っ込むのに対してモーグルはガードごと引っ込む。さらには横方向にもガードごと曲がる。デルガードは横方向に対してはガードが曲がって引っ込むのではなく前方にずれるわけだからそこが大きな違いだ。実際に使った感じはデルガードに軍配が上がる。それはMogulairが横方向の荷重に対して滑らかにガードが曲がるのではなくカクット曲がるので線を引いているときカクカクするのがうるさい。
 ペンテルはORENZで0.2ミリ芯をガードが芯と一緒に減った分だけ引っ込んでいくシステムを作ってこれも新しいシャープの方向性を作っているがこの戦いどうなりますかねえ?ペンテルは折れない芯にはかかわらず消しゴム付きで奮闘しているがこれもどうなるか見ものです。全く動かなかったシャープペンシルが次々と新製品を出してくるのはなかなか楽しみです。
Mogulairのパッケージ。500円。
P1091576.JPGP1091575.JPG
デルガードとの比較下がMogulair、上がデルガード
P1091577.JPGP1091578.JPG
モグルMogulair
P1091584.JPGP1091583.JPGP1091586.JPGP1091585.JPG
参考までに上がトンボ、下がORENZ
P1091579.JPGP1091580.JPG
posted by entotsu at 01:02| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする