2017年02月22日

上野の森美術館アートスクール、火曜水曜夜間はたらし込み下地

火曜水曜夜間はたらし込み下地に裸婦を描く課題なので初日の今日はたらし込み下地作り。用意したのは9色の染料系絵の具を水で12倍ほどにのばしたもの。最初にキャンバスにたっぷりの水を刷いてそこに絵の具を垂らし込む。これが結構皆さん集中してなかなか面白いものが出来ました。これだけで絵になりそう。抽象感覚と言うのはそれぞれ先天的に備わっているようで心地よいもの、主張があるものをそれぞれ作り出していました。これだけで作品を作る授業も良いなあと言う感じ。
P2212304.JPGP2212308.JPGP2212309.JPGP2212306.JPGP2212307.JPGP2212310.JPGP2212312.JPGP2212313.JPGP2212316.JPGP2212314.JPGP2212311.JPGP2212315.JPGP2212321.JPGP2212322.JPGP2212320.JPGP2212319.JPG
こちらは火曜昼の自由制作の時間に描いている万年筆画。この作品はラストルムさんのバタフライペンを一貫して使用。こんもり盛り上がるほどインクが出てくるのがお判りでしょうか。しかし描きすぎて黒くなりすぎたのでまたアクリル絵の具で戻しているところ。着彩はカキモリ顔料カラーインク。
P2212302.JPGP2212301.JPGP2212303.JPG
P2212323.JPGP2212325.JPGP2212324.JPGP2212326.JPG
posted by entotsu at 03:55| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする