2017年07月22日

万年筆談義出版決まる

先月鞄談義3が出版され、*「是非フェルマー出版からご購入ください。詳しくは本家にご案内載せてます」さらに鞄談義4に突入するのと並行して万年筆談義の出版が決まった。これは昨今のカタログ中心の万年筆本のアンチテーゼとして、もっと談義を持ち込んだ本を今こそ作らなくてはいけないという自己中心的な使命感に燃えて作るものだ。今回の執筆者は3人。万年筆くらぶ会長、でべそ氏、ワーグナー会長、森睦氏、そして出だしだけ快調の私の3にんである。来月早々に執筆万年筆の撮影会があるので、書く万年筆を絞らなければならない。私は書き味から話を勧めたいので万年筆開眼の最も重要な位置を占めたモンブラン121,221,320の書き味から話を始めたいと思っている。当時、約38年前、アメ横ではこれらのモンブランは4割引きだったから2万の121は12000円、221は7200円、320は6000円で買えた。121,は18金、221、320は14金だったがどれもやたら書きやすかった。今にして思えば全部森山さんが検品、調整してたのだろう。
写真は下の赤から上に121,221,320。安っぽい外観からは想像もできない豊かな線が引けた。
P7221827.JPGP7221830.JPGP7221828.JPGP7221829.JPGP7221831.JPGP7221833.JPGP7221832.JPG
posted by entotsu at 00:54| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする