2017年08月07日

万年筆談義の万年筆その3

さて1回目にモンブランの121,221,301で万年筆にハマったと書いたが、完全にはまるのは、やはり梅田晴夫の「万年筆」を読んでからである。その梅田晴夫が自身のコレクションを総合して最高の万年筆をプラチナと作り上げた3776を買って火が付いた。剥き出しのペン、太軸と長さとバランス。当時は良く分からないから、これが最高のペンなんだと思って使っていた。3776は今でも続くプラチナのベストセラー万年筆だが、いまではプラチナ自身がこれぞ究極の万年筆と宣伝してないのが面白い。そしてこれに刺激されて買ったのがペリカン復刻の400とオマスのクラッシックミロードである。これらは約40年前のペンである。ペリカン400のキーコキーコとペン鳴りをしながら柔らかい書心地はなるほどこれなんだ!そして鳥海さんがイタリア女の弾力と称したオマス、クラッシックミロード。元祖ぬるぬるぬらぬらペンである。
P8072562.JPGP8072563.JPGP8072564.JPGP8072565.JPGP8072566.JPGP8072567.JPGP8072572.JPGP8072573.JPGP8072576.JPGP8072571.JPGP8072568.JPGP8072569.JPGP8072570.JPG
posted by entotsu at 23:34| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする