2017年11月13日

UNGARO,REPANTO,BREEのバッグ

UNGAROは流石にデザインで食ってるだけあって、まとめ方が上手いねえ。クロコ型押しを上品にまとめて、結構ポケットなど実用的。
PB131848.JPGPB131850.JPGPB131849.JPGPB131853.JPGPB131855.JPGPB131852.JPGPB131851.JPGPB131856.JPGPB131854.JPGPB131858.JPGPB131857.JPG
こちらはマドリッドの高級革もの老舗のLEPANTのスエードのバッグ。なかなか凝っていてよくこんなことやるなあと思って買って来たらマドリッドの老舗だった。流石にずいぶんくたびれていてパイプが飛び出したりしてるけど、全体の継ぎはぎ革のしつこさはなかなか。
PB131860.JPGPB131861.JPGPB131862.JPGPB131865.JPGPB131864.JPGPB131866.JPGPB131859.JPGPB131863.JPGPB131867.JPGPB131871.JPGPB131870.JPGPB131868.JPGPB131869.JPGPB131872.JPGPB131873.JPG
BREEの継ぎはぎバッグ。これ結構高かったと思うけど、汚れがあるので捨て値でしたね。使い勝手は悪いが、まあデザインが好きな人は良いのかな?内部のポケットはしっかり凝っていていい感じ。しかし蓋の部分のチャック構造は革が硬いので出し入れがしにくい。この頃は見ないから売れなかったんだろうねえ。
PB131877.JPGPB131875.JPGPB131881.JPGPB131879.JPGPB131882.JPGPB131880.JPGPB131878.JPGPB131876.JPG
posted by entotsu at 23:42| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする