2017年11月28日

一時代前のセーラーデスクペンとパイロットエリートの類似性

僕が一番好きなデスクペンは1970年代のセーラーが600円で販売していたデスクペンで、ペン先が長く、細く、弾力がある。これが好きなのでデッドストックで大量に買い込んである。さて、それがたまたまパイロットのエリート、これも1970年代の3000円で売ってたモノ、を使っていたら、このカリカリ感がなんかセーラーの「デスクペンと似ているなあと思って比べてみたら、なんと形状がそっくりでした。両者ともペン先が薄く長いのを特徴にしていたのが時代が下がるにしたがって筆圧の高さに対抗するためペン先側面をペン芯を包むような形状になり一気に硬くなってしまった。この2つのペンには柔らかさと弾力があるんです。是非復刻して欲しいね。
PB272504.JPGPB272505.JPGPB272498.JPGPB272502.JPGPB272500.JPGPB272503.JPGPB272499.JPGPB272501.JPG
posted by entotsu at 00:23| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする