2018年01月08日

シャープペンシル折れない芯戦争の行方

この頃のシャープペンシルは折れないのが当たり前になってきて、各社それにプラスした機能の競い合いになってきている。この進化の過程が面白い。白熱してますぞ。今回はデルガードの限定軸と消しゴム内蔵。この消しゴム優れもので逆さにした時だけ消しゴムが出てきて、元に戻すと消しゴムも引っ込む。消しゴムは出るとしっかり固定されてきちんと使える。さらに軸はグレイの格子縞で高級感があるわあ。一回のノックで結構書ける。
P1053123.JPGP1053122.JPGP1053124.JPGP1053135.JPGP1053139.JPGP1053140.JPGP1053141.JPGP1053142.JPG
こちらはクルトガアドバンス!要するに従来の2倍回転するからすぐとがる、という事らしいが理屈がイマイチわからない。しかし1っ回のノックで書ける量はデルガードの1.5倍。
P1053126.JPGP1053127.JPGP1053128.JPGP1053138.JPGP1053137.JPGP1053136.JPGP1053143.JPGP1053130.JPG
さてどちらが後々選ばれるのでしょう。
posted by entotsu at 23:46| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする