2019年03月18日

備前石川泰次郎君個展

教え子で備前で窯元をやっている泰次郎の個展が3月29日まで笠間の笠間芸術の森公園の隣にある「回廊ギャラリー」で行われている。ここの個展は3回目になるが流石に進歩してますねえ。曖昧さが無くなり造形になってきてます。今伝統工芸は受難の時代と呼ばれていますが備前は良いですねえ。四角い皿もカッチリ四角でありながら作品になってくるのは経験のなせる業ですねえ。皿のオレンジの部分がさらにものを載せて覆っていた部分でその周りの黒い部分は登り窯で松を10日間炊き続けて降り積もった灰が溶けて釉薬になったものです。ボウル一つ一つが味がありました。

P3188399.JPGP3188396.JPGP3188397.JPGP3188398.JPGP3188395.JPGP3168358.JPGP3168363.JPGP3168359.JPGP3168362.JPGP3168355.JPGP3168357.JPGP3168356.JPGP3168354.JPGP3168353.JPGP3168351.JPGP3168352.JPGP3168350.JPGP3168345.JPGP3168344.JPGP3168347.JPGP3168346.JPGP3168349.JPGP3168341.JPGP3168342.JPGP3168348.JPG
posted by entotsu at 22:45| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント