2019年10月28日

フェンテ2019万年筆交流会

今回のフェンテ交流会はでべそ会長の体調不良で会長が不在のまま行われる初めての会になりました。それでも会員相互協力バックアップで2日間とも盛況のうちに終了しました。まずは口腔外科画家の草間さんの似顔絵コーナー。1枚1000円です。
DSC04054.JPGDSC04056.JPGDSC04058.JPGDSC04069.JPGDSC04064.JPGDSC04060.JPG
こちらは森さんのペンクリ
DSC04051.JPGDSC04063.JPG
ラストルムさんにはヌードラーの力を加えるとペン先が開いて太い線が描けるフレックスペンが開くとインクが出てこないので修理を依頼したら、これは構造上開いてインクは出ないから、ほんの少しだけフレックスするのを楽しみなさいとのこと。
DSC04072.JPGDSC04074.JPG
今回の講演は次世代を担う万年筆職人、筆記具工房の金崎さんの講演です。
職人という立場から見る万年筆の職人交流のお話でなかなか知らないことも多く面白かったです。
2次会で見せてもらった金崎さん渾身のブルドック万年筆もよかったです。
DSC04084.JPGDSC04081.JPGDSC04085.JPGDSC04088.JPGDSC04106.JPG
こちらはバザー用品競りです。
DSC04090.JPGDSC04093.JPG
posted by entotsu at 02:58| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント