2019年10月29日

フェンテ交流会の戦利品

今回の戦利品はユーロボックスの藤井さんから1970年代のシェーファー金軸未使用2本。この万年筆の細身の固いけど滑らかな書き味が好きです。
DSC04113.JPG
こちらはワーグナーの台湾発注で作った限定モデル。鉄ペン軸。コンコルド仕様にペン先が調整されています。
DSC04112.JPG
これは森さんのブルー軸の談話室記念万年筆。持ってみると重みがあるので図ってみたら26グラム。従来のセーラープロフィットと比べると従来のものは24.5グラムなのでちょっと重く、比べてみると丸みがついてキャップの長さが長くなっていた。これはこの頃のプロフィットがマイナーチェンジしたからかしら?
DSC04116.JPGDSC04117.JPGDSC04115.JPGDSC04114.JPGDSC04118.JPG
こちらはラストルムさんから頂いたぱーかー45コンコルド。このペン芯が実によいそうです。確かに描いてみるとスラスラヌルヌル。
DSC04109.JPGDSC04110.JPGDSC04108.JPG
さてこちらは杉山さんが見せてくれた。万年筆博士の田中さんが最後の最後に作った万年筆3本。ふっくらもっこら型がたどり着いた最後の形です。
DSC04098.JPGDSC04102.JPGDSC04103.JPGDSC04099.JPGDSC04101.JPGDSC04100.JPG
posted by entotsu at 01:37| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント