2019年11月16日

コクヨの書き方鉛筆の進化

以前コクヨがデザイン新戦略のMEシリーズを初めてこのシャープが金属軸でとても良いんだけどグリップがゴムなのと、0.7ミリしかないので、なんで1.3ミリでグリップが金属のを出さないのかと言っていたのだが、出てた。失礼しました。100円の書き方鉛筆シャープ1.3ミリという名称で、大変僕は気に入ってこれは良いけど、これ売れるかなあ?と心配になり無くなる前に芯を50本買ったけど順調に売れ続けシリーズ化しました。今回の金属軸は流石に一番使い易い。
DSC04252.JPGDSC04256.JPGDSC04254.JPGDSC04255.JPGDSC04253.JPGDSC04259.JPGDSC04261.JPGDSC04260.JPG
もうひとつ気になっているのがパイロットのドクターグリップの新作0.5ミリに折れない機構が内蔵されたことで、うちは売れてるんやからこれでええんや!と強気のドクターグリップ景気に煽られて言っていたのが、流石に昨今は折れない機構を入れないと売れないようで、ドクターグリップに入れてきたのが面白いなあ。
DSC04251.JPGDSC04258.JPGDSC04257.JPGDSC04262.JPG
posted by entotsu at 01:36| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント