2019年11月26日

神戸ペンショーに参加してきました。

神戸ペンショーと言うのはYYペンクラブの主催者である万年筆界の「関西の親方」とナガサワ文具店の主催の西日本最大のペンショーであります。2日間で800人の入場者があり、人が多く居れば商品の売り上げが当然上がるわけで全体の売り上げも相当で、神戸ペンショーに来れば売れるというので参加希望文具店目白押しのペンショーです。当然万年筆界の大御所軍団も参加していて、森さんがタコ娘を連れてWAGNERで参加していたり、すなみ大先生もいらっしゃいました。長原幸夫氏も「ニブ・シェーパー」で参加。いよいよ来年の2月から独立です。しかしとてつもない「世界で1本のコンコルド」が凄かったなあ。600万くらいだそうですぜ。
DSC04347.JPGDSC04344.JPGDSC04346.JPGDSC04345.JPGDSC04348.JPG
DSC04360.JPGDSC04362.JPGDSC04363.JPGDSC04367.JPGDSC04369.JPGDSC04368.JPGDSC04371.JPGDSC04370.JPG
今回僕は似顔絵描きで参加したんだけど色紙で2000円。ところが全部で描いたの39枚なんだけどその半数が似顔絵ではなく万年筆を書いてくれと言うもので、万年筆は似顔絵の3倍時間が掛かって大変でしたわ。それでも親方が次々に人を連れてきてくれるのでこんなに1日で似顔絵描いたの初めてじゃないかしら。充実しました。
DSC04354.JPG
このペンショーの名物はじゃんけん大会で、配る商品が70以上あるので参加した人の3分の1は商品を手に出来るなかなかおいしい企画で盛り上がってましたねえ。
DSC04355.JPGDSC04356.JPGDSC04365.JPG
最終日は3時半に終了。片づけが5時半ころに終わり飲みに行きました。その3次会でエビちゃんと幸夫ちゃんとホテル近くの立ち飲みバーで飲んだんだけど、このフィリピン系のマスターが「俺はビックになりますぜ!」というので盛り上がり似顔絵を描きました。
DSC04374.JPGDSC04376.JPGDSC04377.JPG
ペンショーの会場がトアロードにある小学校跡地だったり、神戸と言うロケーションが面白かったなあ。鞄のルボナー親父も参加していたので久々にずいぶん話しましたねえ。なかなか面白い会でした。
posted by entotsu at 00:47| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: