2020年03月13日

森山さんの柔らかいモンブラン

我孫子フルハルターに行ったときにモンブランの柔らかいペン先の時代のものをまんねん仕様にできるというお話になって、是非にとお願いしていたものが出来上がりましたというので、受け取りに行ってきました。そこにはなんと2本出来上がっていて146仕様のものと149仕様のものであります。書いてみて驚きの柔らかさと粘りです。さらにペン芯も一体化しているので極細からウルトラ太字までの変化は凄まじいの一言です。ペン先の表現力が現代のものと比較になりません。勿論万年筆需要が激減して行く中で生き残りをかけた会社経営では本当のものだけを真摯に作り続ければ倒産は目に見えています。しかし継承されてきた情熱の蓄積を反故にしていいはずはありません。万年筆は進化を続ける筆記具なのですが書く魅力よりは、モノの魅力のほうに重点が置かれすぎているようです。
 世界最高峰の研ぎ師によるペンは思想を感じます。どこでどのくらいの圧力でどのくらいのインクを出しどのくらいの傾きでどのくらいの変化を作るか。それは最高水準の精密機械のように曖昧さがありません。我々使い手はこのようなペンを持つとき幸せと同時に激情を感じます。とりあえず2つのペンの表現をご覧ください。149のほうのインク色は森山スペシャル・ディープセピアです。
DSC05582.JPGDSC05579.JPGDSC05580.JPGDSC05581.JPGDSC05583.JPGDSC05584.JPGDSC05585.JPGDSC05586.JPGDSC05587.JPGDSC05588.JPGDSC05591.JPGDSC05590.JPGDSC05589.JPGDSC05592.JPGDSC05593.JPG
posted by entotsu at 01:15| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント