2020年03月14日

牛久教室合評会

コロナ騒ぎもあって、なかなかフルメンバーでの合評会ができませんが、生徒さんそれぞれが自分の階段を上がっていっているということはよくわかります。僕の教室では絵画の基本の明暗法を基本に据えてやっています。2次元の中での3次元空間の造形には明暗法は欠かせないと思います。絵画は2次元ではなく絵の具の厚みを持った3次元表現です。自己流で勉強するとこの基本がわからなくて結果奥行き発想ができません。
では作品をご覧ください。
DSC05602.JPGDSC05601.JPGDSC05600.JPGDSC05599.JPG
こちらは僕の作品、人体ボリュームを絵の具を厚く塗って出すと、バック空間がそれを支えられなくなって画面構成に破綻が出ます。今回はタッチを盛り上げて対応しようとしましたが、空間感を犠牲にしてでもやろうと思ったのでぎくしゃくしました。
DSC05594.JPGDSC05595.JPGDSC05598.JPGDSC05596.JPGDSC05597.JPG
posted by entotsu at 00:48| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント