2020年11月21日

JINHAO万年筆画三昧

11月30日からのクリスマス小品展の作品をシャカリキで描いてます。森さんのJINHAOで様々な角度で試しながら描いてます。やはり万年筆画の一番の面白さは道具によって様々に表現が変わることですね。JINHAOは森さんが凝ったと言うだけあって細字の対応が奇麗に出る。さすがに厚手の水彩紙に極太線になるとペン芯のインク供給が喘ぎがでるが、このバランスが難しいところですね。
DSC08186.JPGDSC08187.JPGDSC08188.JPGDSC08189.JPGDSC08190.JPGDSC08191.JPGDSC08197.JPGDSC08198.JPGDSC08195.JPGDSC08192.JPGDSC08194.JPG
posted by entotsu at 02:17| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント