2021年02月16日

ミケランジェロ雑感

芸物新聞社のミケランジェロとヴァザーリの出版が2014年だから文章とイラストを書いていたのが2013年だからもう8年位前になります。これが見返してみるとこの本傑作ですなあ!なんで売れないんだろう。2冊目のボッティチェリを出し、レオナルドの資料を20万も買った時点で出版社の倒産騒ぎで5冊続くはずのルネッサンスシリーズも絵画技法シリーズも取りやめ。
 それがミケランジェロを書いているときにミケランジェロが膨大な数の詩を書いていることは分かっていたんだけど、それが和訳されている本は見つからなかった。それがブックオフ探索をしている時に須賀敦子全集なるものの5巻にミケランジェロの詩の訳を発見。読み直しております。これ本書いている時に見つけてたらもう少し違うコラムを作れたかも。しかしシスティーナの修復を見るにつけ、このリビアの巫女は曲面にこの大きさで下から見た時にちょうど良いように描くなど神の仕業でしかありません。
DSC09077.JPGDSC09079.JPGDSC09081.JPGDSC09078.JPGDSC09082.JPGDSC09092.JPGDSC09088.JPGDSC09087.JPGDSC09083.JPGDSC09084.JPGDSC09085.JPGDSC09086.JPGDSC09090.JPGDSC09089.JPGDSC09091.JPG
posted by entotsu at 00:05| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント