2021年05月30日

投げ売り始まるロビン。トライディープ、

革を編んでカバンを作るロビンは当時は珍しさもあり、値段設定の安さもあって、あちこちで売られるようになりヒット商品になった。リサイクルショップにも流れてくるようになったが安くても5000円以上はしていた。それが次第に流れてくる個数が増えて値段も下落。新品同様でも5000円。流石にデザイン展開が編み革だけでは飽きられてしまってもしょうがない。それでも2000円以上はキープしていたが、なんとこの前見つけたのは1000円を切った。古くなっただけでどこと言って欠陥は無かったのだが、何しろ油切れしてぱさぱさが始まってた。可哀そうで見るに絶えずい連れてきた。
DSC02623.JPGDSC02626.JPGDSC02627.JPGDSC02624.JPGDSC02625.JPG
こちらは女性に人気のトートバッグトライディープ。新品で1万円くらいで四角の革がコラージュされていて安っぽさはない。なによりこのバッグ帆布製より柔らかくサラッと開いて使いやすく汚れが目立たない。流石にベストセラーらしく軽く、使い勝手も良い。アクセサリーで付いてる真鍮のカギと名札は外されて売られていたが500円。
DSC02628.JPGDSC02630.JPGDSC02631.JPGDSC02629.JPG
久々にディーゼルの質実剛健バッグですぜ。フィルソンのように金塊堀に使っても大丈夫でっせ!しかしなぜこのように無駄に丈夫なモノを作ったのだろう?ポケットも内部に一つだけ。外には無い。縦長で小さくて使いにくそう。しかしこういう無駄なバッグが僕の好みなんです。
DSC02618.JPGDSC02620.JPGDSC02621.JPGDSC02622.JPGDSC02619.JPG
posted by entotsu at 23:53| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント