2021年07月30日

イタリア、ピクアドロのバッグ

2週間ベッド上安静を続けていたので、完全に筋肉が無くなって、今まで筋肉があった所には皺が寄っている。こんなに筋肉が落ちたの初めてで少しづつリハビリの為に歩いているんだけど、すぐ疲れて休み休みと言う感じ。
入院前には燕が卵を抱いているのは分かっていたが、退院して戻ってきたらすっかり大きな雛になっていた。
本当に久しぶりにリサイクルショップ覗いたら、なんと30年前ぐらいに東京大丸から撤退したピクアドロのバッグがあった。徹頭徹尾オリジナル形状。色彩の使い方もお洒落でやたら気に入って3個バッグを持っている。しかし使っていくと派手な色彩の顔料が剥がれたり、使い込むと形状にゆがみが出たりと、面白いんだけど問題点も多いバッグである。一時はイタリアの空港の免税店にはブランドショップが必ずあったのが、やはり30年位前に一掃されてしまっていた。だからブランドそのものが無くなってしまったのかと思ったが、今日ネットを覗いたらいまだに新作が出ているので存続しているようだ。今回のバッグは未使用。しかしゴム部が固くなっているので30年位前のデッドストックモノかもしれない。内部の収納はこれでもかと言うくらい凝っているしポケットも多い。
DSC00299.JPGDSC00301.JPGDSC00307.JPGDSC00303.JPGDSC00302.JPGDSC00306.JPGDSC00308.JPGDSC00304.JPGDSC00314.JPGDSC00313.JPGDSC00312.JPGDSC00311.JPGDSC00305.JPG
posted by entotsu at 23:23| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント