2021年09月21日

ファーバーカステルネオスリム万年筆。

ファーバーカステルは伯爵シリーズを始め様々持っている。廉価版のステンレスペンも持っているので、ずいぶん前に細軸のモノが出たと言っても、同じペン先だろうと思って注意してなかった。それがファーバーカステルショップでペン先が出て飾られているネオスリムを見て、なんだなんだ!となった。上位ペンとは全く違うペンが付いていて、これがマジですか!というくらいお辞儀している。これは、もしや硬めで極細が引けるんじゃないかと思って試し書きをさせてもらったら、バッチリ、硬くて細い。ペン先にしなりは無く硬いが0.2ミリが未調整で出る。極細の線がくっきり出るようにインクの出は多くは無いが線はしっかり引ける。細い文字を書きたい人や、イラストで細密をやりたい人にも向きます。センチュリーの超極細より軸が細くて軽いので使い方によってはこちらの方が手に合う人も多いと思う。細線大好き人間にはお勧めです。値段は7000円なので仕事使いには嬉しい価格。写真はピンク軸が18Kペン先,グレー軸はステンレスペン。
DSC00810.JPGDSC00811.JPGDSC00812.JPGDSC00813.JPGDSC00815.JPGDSC00814.JPG
posted by entotsu at 00:05| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント