2021年10月04日

見に万年筆再考

昔の安い、書き難い万年筆の代表格のミニ万年筆ですが、流石に1000円、2000円ではペん先小さくガリガリで最悪でしたが、今回久々に出てきたミニ万年筆は金属軸でペン先も大きな14金。これらを久々に洗って、磨いてインク調整もしてみると、なかなか使い良い。5000円が境かな?まずこちらはプラチナの2品。全身金属が5000円。後ろがプラスチックが4000円。細かくランク分けしてますわ。
DSC00916.JPGDSC00917.JPGDSC00918.JPGDSC00927.JPG
こちらはパイロットのショート2品。どちらも5000円ですが、プラスチックの方はデカい巻ペン付き。
DSC00920.JPG
こちらは石川金ペンのパーレイブランドの万年筆ですが。ペン先はモンブランウイングペン仕様の金ペン。幻の金ペンが付いてこれを3000円くらいで売ってたのですから、お得でしたよ!
DSC00921.JPGDSC00922.JPG
大橋巨泉の「伸ーびたり、縮んだりのパイロットショート。インクが詰まって分解できず使用不能になっていたのを、アルカリ電解水に浸して置いたら溶け出し。大掃除です。
DSC00923.JPGDSC00924.JPGDSC00925.JPG
posted by entotsu at 00:26| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント