2017年03月30日

趣味文謎の宴会

趣味文が15年目を迎え41号が出た。それで執筆者、カメラマン、の人たちへの感謝の集いと言うので用賀まで宴会に行ってきた。感謝と言う言葉が出てたのでお土産に「パイロットカスタム漆」くらいが付くだろうと思ったが入っていたのはノートとクッキー、マスキングテープだった。どうもおかしいと思ったら実は清水さんがエイ出版社長賞をとった受賞祝いだったらしい。あたしらは刺身のツマだったようである。ワーグナーの森さんも来ていておもむろに鞄からユポ紙なるものと、幸夫ちゃんも使っている激落ち手洗いクリーナーを取り出して、「これあげる」と貰った。このユポ紙なるものはプラスチックで出来ていて多孔質で抜群に書きやすいとのこと。実際に鉛筆で描くと確かに滑るように描けるが削り取られ感が強いので筆圧を高くすると鉛筆が真っ黒に出る。だから筆圧を掛けない時との濃淡の差が凄い。万年筆では吸い込みが強いので石膏の上に描いてる感じ。インクが一瞬で吸われてインクがかすれたりもする。マジックインキでは滲みが出る感じ。ボールペンは少々引っかかるような書き味。だから一番相性が良いのは鉛筆でこれは結構使って面白い表現が出来そうだが、なんとこの紙この小さな冊子で500円である。だから超高級水彩紙のアルシュがB1の大きさで3000円だからそれよりも高くなるね。
P3300550.JPGP3300552.JPGP3300553.JPGP3300554.JPGP3300555.JPGP3300556.JPGP3300557.JPGP3300558.JPG
こちらは激落ち石鹸使ってみるとかなりざらざら感があり、確かに手に付いたインクは綺麗にとれた。結構手も削れてるようだがクリームがしっかりついているので使用後はツルツルしてる。
P3300551.JPGP3300559.JPG
posted by entotsu at 04:05| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

極私的ボールペン事情

ボールペンなどあんな書きにくいもの誰が使っとるんじゃ!と自分で言ってる割に使っているボールペンは10本以上ある。一番自分にバランス、重さ、持ち味があっているのはダンヒルのAD2000シリーズの2本。
P3290523.JPGP3290525.JPG
ポルシェデザインのものはフィッシャーのリフィルが使えるので銀を入れて重宝している
P3290534.JPGP3290535.JPG
こちらは万年筆博士に最初に訪問した時に店頭で買ったセルロイド。
P3290531.JPG
こちらは鞄の達人の出版パーティーを森山さんがやってくれてその時の記念品に貰ったもの
P3290527.JPG
P3290528.JPG
こちらはベネチアで売っていた中にビックボールペンを入れて使うもの。
P3290529.JPGP3290530.JPG
シェーファーの唐草シルバーも気に入ってます
P3290532.JPGP3290533.JPG
モンテベルデのこのタイプは石垣模様とグリーンエボナイトがお気に入り
P3290524.JPG
真鍮無垢製品も好きなんです
P3290536.JPG
posted by entotsu at 01:44| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

石川金ペン資料写真

写真の資料在庫が膨大な数になり、何とか少しづつ整理している。その中に石川金ペンを取材したときの写真が出てきた。「万年筆の達人」ではページ数の関係から初代の伊太郎氏、2代目の清作氏の写真、3代目の雅敏氏の写真も多くは載せられなかった。石川金ペンを知る貴重な資料なので載せます。まず伊太郎氏の写真です。
P3270466.JPG
次は2代目清作氏
P3270474.JPGP3270475.JPGP3270463.JPG
こちらは3代目雅敏氏中国に将校として従軍した写真が多くあります
P3270464.JPGP3270467.JPGP3270462.JPGP3270468.JPGP3270479.JPGP3270480.JPG
こちらは戦前の石川金ペン
P3270476.JPG
雅敏氏自筆の資料
P3270477.JPGP3270469.JPGP3270470.JPGP3270473.JPGP3270472.JPGP3270471.JPGP3270478.JPG
posted by entotsu at 02:59| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする