2019年02月14日

上野の森美術館アートスクール、アトリエ展

今週金曜日までアートスクールの生徒さんの作品が展示されるアトリエ展が上野の森美術館で開催されている。僕のクラスの生徒さんたちの作品も多く展示されています。いろいろ力作がありますのでご覧ください。大きさは10号から30号までです。
P2120737.JPGP2120738.JPGP2120741.JPGP2120740.JPGP2120743.JPGP2120742.JPGP2120744.JPGP2120745.JPGP2120747.JPGP2120746.JPGP2120748.JPGP2120749.JPGP2120750.JPGP2120752.JPGP2120751.JPGP2120753.JPGP2120754.JPGP2120755.JPGP2120756.JPGP2120757.JPGP2120762.JPGP2120758.JPGP2120760.JPGP2120759.JPGP2120761.JPG
こちらはギャラリーで同時開催のアートスクールの講師の先生たちの作品です
P2120763.JPGP2120764.JPGP2120766.JPGP2120765.JPGP2120767.JPGP2120769.JPGP2120771.JPGP2120768.JPGP2120770.JPG
こちらは僕の作品
P2120772.JPGP2120774.JPGP2120773.JPGP2120775.JPG
posted by entotsu at 03:37| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

セーラーのカリグラフィーペン

なんか、カリグラフィーが流行ってきてるのかしら?セーラーからもカリグラフィーペンが出てた。1ミリ、1.5ミリ、2ミリの3本で1ミリと1.5ミリを買ってみた。その昔カリグラフィーペンはただ間直ぐに横にカットしたものだったから真っすぐに使って横も真っすぐにしかインクが出なかった。それがペン先形状に工夫が凝らされ多少の斜めとかにも対応し、可成り書きやすく普段使いにも出来そうです。万年筆が世間に歩み寄ってきている感じですね。
P1310179.JPGP1310180.JPGP1310181.JPG
P1310184.JPGP1310182.JPGP1310185.JPGP1310183.JPGP1310186.JPGP1310187.JPGP1310188.JPGP1310193.JPGP1310194.JPGP1310197.JPG
P1310198.JPGP1310196.JPGP1310195.JPGP1310199.JPG
これを先日のツイスビーGOと比べてみましょう。カリグラフとしてはセーラーだけど全体の使い易さはツイスビー,値段は倍違うけどセーラーが1500円、軸は圧倒的にツイスビー。コンバーターを買えばセーラーは2000円になってしまう。ツイスビーは1.1ミリで3000円
P1310200.JPGP1310207.JPGP1310205.JPGP1310208.JPGP1310206.JPGP1310209.JPG
posted by entotsu at 22:10| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

ツイスビー新作GO万年筆

台湾の万年筆メーカー、ツイスビーからバネ式簡単吸入機構を持つGOという万年筆が新発売になった。この万年筆3750円なのだが、面白いのは万年筆の字幅が1.1ミリで横に引くと細これがいというカリグラフィー用途のペンもある。これが使ってみたら、書きやすく、インクがしっかり出て軸が太いので、握り具合などもイイ感じ。これが和紙張りキャンバスの吸い込みがきつい下地に描いても太い線が出て重宝する。この万年筆いいかもね。もう一つの万年筆はふでまんにしたベクスレイ。
P1232692.JPGP1232694.JPGP1232698.JPGP1232695.JPGP1232697.JPGP1232696.JPGP1232693.JPGP1232704.JPGP1232700.JPGP1232802.JPGP1232699.JPG
posted by entotsu at 03:12| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする