2020年09月29日

タコ吉調整講座&第一回フェンテ中谷亭

大片付けの最中ですが、色々出てきます。すっかり忘れてますがワーグナー総裁、森さんがフェンテで調整講座をやってるアルバムが出てきました。会場は北欧の匠なのでフェンテでやったことは確実なのですがこれが何時なのか記憶に無いんです。だけどみんな若いのでかなり前なことは確かなんですが。
DSC07767.JPGDSC07768.JPGDSC07770.JPGDSC07766.JPGDSC07763.JPGDSC07769.JPGDSC07764.JPGDSC07762.JPGDSC07761.JPG
それで、同じアルバムの中に行方不明だった、中谷亭で行われた第一回のフェンテの会合の写真がありました。川久保さんと森さんのツーショットなど貴重な写真満載です。
DSC07772.JPGDSC07776.JPGDSC07775.JPGDSC07773.JPGDSC07774.JPGDSC07777.JPG
posted by entotsu at 00:03| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

酒井栄介さんを最後に訪問した日

フルハルター森山さんと、万年筆クラブの杉山さんと3人で、最後の万年筆軸の挽き物師と言われた酒井栄介さんの自宅にある工房を訪ねた写真が見つかりました。僕はこの日で6回目の訪問でした。すでに残っていた万年筆はほとんど売られてしまっていて、最後に残った数本を3人で買わせてもらいました。様々な実演もやっていただいて職人の仕事ぶりを堪能させていただきました。酒井さんはお一人で生活されていて、時々息子さんが様子を見に来られているとのことでした。その息子さんが亡くなり、施設に入られて僕らがお尋ねした2年後に亡くなりました。こうして写真を見ていると本当にそこにリアルに存在していた方が居なくなってしまうのだと諸行無常の感があります。この仕事場と自宅ごと民俗資料館で保存出来たらどれほど良かったろうと思います。
DSC07723.JPGDSC07724.JPGDSC07719.JPGDSC07720.JPGDSC07717.JPGDSC07721.JPGDSC07718.JPGDSC07715.JPGDSC07714.JPGDSC07722.JPGDSC07713.JPGDSC07712.JPGDSC07711.JPGDSC07709.JPG
posted by entotsu at 00:24| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

フェンテ雑感。

今年の北欧の匠でのフェンテ交流会がコロナの為に中止になった。これは、あの狭い会場では濃厚接触の嵐となりえる為しょうがない。しかし過去の交流会の写真を見てみると、実に様々な人たちがフェンテを媒体にして濃厚にかかわって来たなあと驚く。僕らが交流を開始した時期でもすでに最終章であり、遅かったと思わざるを得ないのだけれどもこうして写真を見直してみると、もうすでに亡くなってしまっている人も多く、あの時が輝きだったんだなあと強く思う。今後のコロナのありようで何時になったらこのような濃厚接触ができるようになるのか?あるいは我々はもう濃厚接触できない体になっているのか不安になる。
IMG_2082.JPGIMG_2080.JPGIMG_2081.JPGIMG_2086.JPGIMG_2087.JPGIMG_2085.JPGIMG_2091.JPGIMG_2092.JPGIMG_2095.JPGIMG_2094.JPGIMG_2093.JPGIMG_2088.JPGIMG_2089.JPGIMG_2090.JPGIMG_2083.JPGIMG_2084.JPG
posted by entotsu at 23:55| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする