2019年06月23日

ヌードラーインク、フレックス万年筆

インクのヌードラーからフレックス万年筆が出てた。フレックスするというのは筆圧を掛けるとペン先が開いて極太まで書けるというものだが、説明書のやたら簡単に幅広文字がフレックス出来ると思ったら嘘八百で実際書いてみるとご覧の通りである程度の太さになるとインクが切れてしまう。1本だけじゃあ検証にならないので2本買って試したが結果は同じ。今回試したくらいは確かにフレックスします。使ったインクは蒼墨。セーラーから新しく出たインクで青墨よりブルーブラック寄り。今日の万年筆画クロッキーで早速使ってみました。セピアの方はカキモリインク。
P6231748.JPGP6231753.JPGP6231755.JPGP6231757.JPGP6231756.JPGP6231754.JPGP6231767.JPGP6231768.JPGP6231750.JPGP6231749.JPGP6231751.JPGP6231752.JPGP6231763.JPGP6231766.JPGP6231760.JPGP6221743.JPGP6221747.JPGP6221745.JPGP6221744.JPGP6221741.JPGP6221746.JPGP6221742.JPG
posted by entotsu at 00:37| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

行った気になるパシフィックビーナス瀬戸内海クルーズ、その1

上野の森美術館からの派遣でパシフィックビーナス瀬戸内海クルーズの絵の教室を5泊6日で担当してきました。まずは横浜出航から外洋に出てから結構な揺れで歩くのもよたよたした感じの中、教室をやって高松港入港して、鳴門の渦潮と大塚国際美術館。この美術館は大塚製薬が作った美術館で陶板に名画を原寸大で焼き付けるもので絵の具のタッチも忠実に再現されてます。すべて原寸大で、その規模が凄まじく地下3階から地上2階まで5階分の広大な会場に世界中の名画が収められています。流石に、油絵は複製写真の感じがしますが、フレスコやモザイクなどは質感も似ていて結構良いですわ。何しろ原寸大なのでかなり迫力があります。なかなか海外の美術館詣でが出来ない人は本物のスケール感を感じるには良いです。
P5171654.JPGP5171656.JPGP5171677.JPGP5171658.JPGP5171682.JPGP5171685.JPGP5181694.JPGP5171687.JPGP5181709.JPGP5181699.JPGP5181700.JPGP5181701.JPGP5181707.JPGP5191715.JPGP5191718.JPGP5191746.JPGP5191774.JPGP5191788.JPGP5191791.JPGP5191751.JPGP5191752.JPGP5191745.JPGP5181714.JPGP5191807.JPGP5191808.JPGP5191811.JPGP5191812 (1).JPGP5191813 (1).JPGP5191819.JPGP5191819 (1).JPGP5191818.JPGP5191820.JPGP5191824.JPGP5191827 (1).JPG
posted by entotsu at 01:57| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

2019ペントレの戦利品

まずは森さんのワーグナーが台湾に特注して作ったWAGNERモデル。これは森さんが納得のいく調整をしたものを分けてもらった。
P5050802.JPGP5050807.JPGP5050805.JPGP5050804.JPG
こちらは親方の所で手に入れたナガサワ限定品ピンクゴールド
P5050794.JPGP5050796.JPGP5050797.JPGP5050820.JPG
こちらは大好きなパイロットエリート初期モデル。この完全版を持ってなかったので金軸と廉価版の黒軸2本手に入ったのは嬉しかった。しかし残念ながら肝心の金軸はインク吸入せず、残念。黒モデルは大丈夫。
P5050798.JPGP5050799.JPGP5050801.JPGP5050800.JPGP5050808.JPGP5050809.JPGP5050810.JPG
こちらはオノトの本当に最後の頃のパーカー51真似っこペン。
P5050814.JPGP5050813.JPG

こちらは日本のPOWERのやはり最後の頃のペン。神様のお話だとパイロットの真似っこペンを作り続けた本当に最後の頃のペンだそうです。しかしペン先これはコースです。珍しいです。
P5050815.JPGP5050817.JPGP5050816.JPGP5050818.JPGP5050822.JPG
posted by entotsu at 23:02| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする