2018年01月22日

カヴェコ、コンボペン崩壊す

カヴェコはこの頃オシャレな2000円万年筆を出したり、定番品の軸バリエーションを増やしたりして、やあ!カヴェコ頑張ってるなあと昔からのファンは喜んでいました。ところが昨今、久々にカヴェコのコンボペンを使おうと取り出したら、なにやら軸からボロボロと落ちてきます。胴軸の中ほどが劣化してはげ落ちてくるのです。あの、鳴り物入りで出した高級ラインがこんな短時間で劣化するのは欠陥です。それで修理に出したのだけど、部品が無いので修理不能とのことでそのまま帰ってきた。明らかに製品に欠陥があります。セルロイドの乾燥をきっちりやらずに出したか、薬品の混合時に不均一な混ぜ方をしたのか、とにかくカヴェコは嫌いになりました。このコンボペンをお持ちの方は早晩劣化が来ますので今のうちに使っておくのが良いでしょう。デルタのセルロイドの劣化は30年掛かったけどカヴェコは3年ですかねえ。
P1220031.JPGP1220032.JPGP1220033.JPGP1220034.JPGP1220035.JPGP1220036.JPG
posted by entotsu at 23:54| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

OHTOシャープペンシル・スーパー プロメカ1500

オートからプロメカ1000の最上級機1500が発売になった。プロメカ1000は大好きなデザインで芯の太さを変えて5本ほど持っていた。1500はそれを大型化して金属加工感が迫力のデザイン。僕好みなんだけど1000が本体の重さが18グラムなんだけど1500は28グラム!なんと10グラムも重くしてある。さらにペンの先端部に金属円柱があるので、相当な前重心。先端を持って書く人は良いのだが僕なんかは後ろとか中間とか頻繁に持ち変えるのでちょっと扱いずらい。それでもこの金属加工丸出しのデザインは好きなんだなあ。使いにくくても使っちゃおう!それでシャープなのに書き味を突き詰めている姿勢が良い。なんならプロメカシリーズで万年筆を出したら低重心で金属加工怪獣みたいなものが出来て面白そうなんだけどなあ。
P1153556.JPGP1153557.JPGP1153558.JPGP1153559.JPGP1153560.JPGP1153561.JPG
さてちなみに他のシャープの重さも比べてみました。まずステッドラー17g
P1153562.JPG
セーラープロユース171・24グラム
P1153563.JPG
ゼブラ、TECT2ウェイ・23グラム
P1153565.JPG
パイロットS10・19グラム
P1153567.JPG
ペンテル、スマッシュ・13グラム
P1153564.JPG
ORENZペンテル、14グラム
P1153566.JPG
トンボ、モノグラフ・17g
P1153568.JPG
ペンテル、KERRY22グラム
P1153569.JPG
トンボ、ズーム37グラム
P1153570.JPG
オート、HORIZON15グラム
P1153571.JPG
CAWECO、17g
P1153572.JPG
さすがトンボ、ズームがダントツ37グラム。その次がスーパープロメカ1500で28グラム。僕にとっては重い方が使い易いので他にはセーラー、プロユース171あたりも使い易い。KAWECOが金属軸の割に軽いのが意外でしたね。KERRYは良いとこ押さえてますね。
posted by entotsu at 00:39| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

プラチナ、プロッピー1000万本越え

プロッピーが販売本数1000万本を突破したそうである。200円の定価でイリジウムが付いて結構書ける万年筆という事で万年筆画の生徒さんにもカーボンインクカートリッジがそのまま使えるので勧めていた。感心するのはキャップのなかのバネが付いたシールドで、これでホントにインクが乾かない。パイロットのカクノが入門万年筆市場を拡大したが、その前の地ならしをプロッピーがやっていたのかもしれない。
 それで文具店を覗いたら、なんと、プロッピーの極細タイプが出ていた。それが400円になっていて流石に極細は手が掛かるのかしら、と思っていたら細字、中字も300円に値上がりしていた。まあ、それはしょうがないでしょう、これで300円、400円ならどうも有難うです。それで早速字幅比較をしてみたら、確かに細くなってます。
PC313075.JPGPC313077.JPGPC313076.JPGPC313082.JPGPC313084.JPGPC313078.JPGPC313079.JPGPC313080.JPGPC313093.JPGPC313096.JPG
PC313085.JPG
しかしここで気になるのがプラチナのデスクペン昔のペン先から変わって最新のペン先は、なんとプロッピーと同じペン先なんです。しかし、値段はカーボンペンで800円。ちょっと、カーボンペン高いんじゃないの、と、思って比較してみたらカーボンペンの方がさらに細くて書き易かった。カーボンペン高いだけあるかも。
PC313088.JPGPC313089.JPGPC313094.JPGPC313092.JPGPC313095.JPG
さらに1年以上前のインク入れっぱなしのプロッピーが出てきたので書いてみたら書けました。凄いわプロッピー。
PC313083.JPGPC313086.JPG
posted by entotsu at 02:13| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする