2018年09月11日

趣味の文具箱47号発売中です

今回の僕の記事はKAWECOです。取材依頼金属軸に嵌ってしまい毎日連れ歩いています。今回のイラストは全部シャープペンシルと色鉛筆。勿論シャープはKAWECOのクラッシックシャープ真鍮軸の0.5、0.7、0.9ミリです。鉛筆で金属感を出すのはやたらに塗り込に時間が掛かった。
 今回の趣味文記事で面白かったのがインクのサンプル一覧表が付いているのだが、そのインクの1割くらいが顔料インクなんです。隔世の感がありますね。あと「ふでDEまんねん」なんと新色の発売で全部40度の曲げ角度なので万年筆画に使えます。フィレンツェの老舗の万年筆日本上陸だそうで、そのペン先の形状が使ってみたくなりますわ。
P9100377.JPGP9110378.JPGP9110379.JPGP9110384.JPGP9110380.JPGP9110383.JPGP9110381.JPGP9110382.JPGP9110387.JPGP9110386.JPGP9110385.JPGP9110388.JPGP9110391.JPG
P9110389.JPGP9110390.JPGP9110392.JPGP9110393.JPGP9110394.JPGP9110395.JPGP9110397.JPGP9110398.JPGP9110396.JPGP9110399.JPG

posted by entotsu at 00:33| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

アトリエ大片づけしてたら昔のおまけ万年筆の雑誌ラピュタが出てきた。

しかしおまけ万年筆発表当時の熱が凄いね。一生使えますなんて書いてある。やっぱり時代は熱が作るものだね。今どきの冷めたおまけ万年筆のコマーシャルはもっと考えるべきだわ。
P9031467.JPGP9031468.JPGP9031486.JPGP9031484.JPGP9031491.JPGP9031492.JPGP9031490.JPG
P9031469.JPGP9031470.JPGP9031485.JPGP9031489.JPGP9031487.JPGP9031488.JPG

P9031472.JPGP9031471.JPGP9031479.JPGP9031478.JPGP9031480.JPG

P9031473.JPGP9031474.JPGP9031475.JPGP9031477.JPGP9031483.JPG
posted by entotsu at 00:00| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

ドゥーニーアンドバークとビュレ

このドゥーニーアンドバークは他のバッグの緑は濃いんだけど、これだけは明るい緑。初めてだねこの色は。背面にもポケット無しだから、かなりシンプルな作り。作った場所が違うのかしら?結構バッグの汚れがあるので前オーナーは結構使ったようよ。

P8311303.JPGP8311304.JPGP8311308.JPGP8311307.JPGP8311306.JPGP8311309.JPGP8311305.JPGP8311310.JPG
こちらはお馴染みビュレ、まあこの前面の装飾のけば立った革は感情移入できませんでした。それで安くなったのか1000円を切りました。
P8311312.JPGP8311311.JPGP8311315.JPGP8311313.JPGP8311318.JPGP8311317.JPGP8311319.JPGP8311316.JPG
posted by entotsu at 23:35| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする