2017年08月14日

サライ9月号、今月10日発売に載ってます

今回は私のスタンダード特集で鞄でオルタスの小松君のバッグを取材してもらいました。
P8142640.JPGP8142641.JPGP8142643.JPGP8142644.JPGP8142645.JPG
40年ほど前の名著、「鞄とバッグの研究」に自身のバッグを載せていた服飾評論家の、くろすとしゆき氏は今回はリーディンググラスで出てます。
P8142648.JPG
ラジオ日曜喫茶室でご一緒した事のあるドイツ文学者池内紀さんはハートマンのリュックで出てます
P8142646.JPG
パイロット74推しは出久根達郎さんです。
P8142647.JPG
posted by entotsu at 23:55| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

1980年代コーチバッグ他

ちょうどこれはコーチ旋風が日本で吹いて叔父様たちのバッグがグローブレザーになったころ、女性用に裏地を付けたシリーズを出した最初の頃の作品。1960年代の超古いコーチのがま口を復活させている。面白かったけど当時は結構高かったと思う。
P8032470.JPGP8032471.JPGP8032472.JPGP8032473.JPGP8032474.JPGP8032475.JPGP8032479.JPGP8032477.JPG
イタリアALINAのバッグ。これは何でしょうねえ?どういうルートで入ってきたんでしょうねえ?ストロー編みのような凝った編みバッグなんだけど作りは結構安っぽい。安っぽい割には凝っている。という変なバッグ。どことなく魅力があるのよ。取っ手も凝ってるけど金属が安っぽいのよ。
P8032481.JPGP8032483.JPGP8032484.JPGP8032482.JPGP8032487.JPGP8032489.JPGP8032485.JPGP8032490.JPGP8032491.JPGP8032492.JPG
こちらはフランスのTEXIERのミニボストンバッグ。エルメスやヴィトンに並ぶような結構な老舗だったらしいのですが、今は2万から3万代のカジュアルが中心のブランドのようです。口金の開け具合とか持ちやすさなんかは長いこと作ってきた感じ。フランスですからどういうとこなのかね?縫い目は安っぽいし、コバ処理も雑なので高いもんじゃないだろうけどね。
P8032494.JPGP8032498.JPGP8032495.JPGP8032499.JPGP8032500.JPGP8032497.JPGP8032496.JPGP8032502.JPGP8032501.JPGP8032504.JPGP8032503.JPGP8032506.JPGP8032505.JPGP8032507.JPG

****鞄談義3・絶賛発売中・フェルマー出版
posted by entotsu at 01:15| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

ウォールストリートジャーナル写真

上野の森美術館アートスクールの生徒さんのM女子からコラージュ用に大量のウオールストリートジャーナルが送られてきた。中を見てたら結構面白い写真が載っていた。
アメリカ移民時代の鞄を持った人たち。日本の古い写真を見てもまったく鞄は出てこないが流石に鞄の国。グラッドストーン型のトランクが多かったんだ。
P8022353.JPGP8022354.JPGP8022356.JPGP8022355.JPG
こちらはマリリンモンローが使っていたトランク。ゴヤール製です。2と7のトランクは縦開きの為接合部が斜めになってます。こんなの見たことないなあ。
P8022357.JPGP8022359.JPGP8022360.JPGP8022358.JPGP8022361.JPG
こちらはオマケですが。なんと1800年代に売られていた「ドラキュラ キラーセット」にんにくの粉や聖水も入ってます。これ欲しいね。
P8022363.JPGP8022364.JPGP8022365.JPG
鞄談義3、絶賛発売中!
posted by entotsu at 02:20| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする