2017年06月27日

鞄談義3、遂に発売!

ようやく、鞄談義3発売になりました。書店、アマゾンでは買えませんので直接
「フェルマー出版・fuente_pen@yahoo.co.jp」に直接メールか住所にはがきで送ってください。
243-0405神奈川県海老名市国分南1−6−30フェルマー出版、中谷でべそ宛で注文してください。
なかなか面白い内容で仕上がっています。今回は「エース世界の鞄博物館」が特集で内容も濃いです。僕は自分の文章とイラスト、写真を担当してます。是非お買い求めください。1800円+税、送料です
P6270334.JPGP6270335.JPGP6270341.JPGP6270338.JPGP6270340.JPGP6270342.JPGP6270339.JPGP6270351.JPGP6270350.JPGP6270344.JPGP6270346.JPGP6270352.JPGP6270345.JPGP6270347.JPGP6270348.JPGP6270349.JPGP6270353.JPGP6270337.JPG
posted by entotsu at 01:07| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

でべその贈り物

でべそから鞄が届いた。どうやらこれは鞄談義3がいよいよ来週には発売になるので、今回は僕がイラスト、写真ともやったのだが全部タダ。さらに印刷費用も支出と言う悲劇の埋め合わせらしい。まあ、タナークロールかなと思って段ボールを開けたら出てきたのがこの人です。
P6230001.JPGP6230002.JPGP6230005.JPGP6230006.JPGP6230003.JPGP6230004.JPGP6230008.JPGP6230007.JPGP6230011.JPGP6230013.JPGP6230009.JPGP6230014.JPGP6230010.JPGP6230012.JPG
まじなアルマジロバッグでマジでリアル。コミュニケーションツールとして使い込んでくださいとコメントがあったがこれ提げてたらみんな離れるよね。からだにくっついた部分からアルマジロになりそうなバッグである。
posted by entotsu at 02:21| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

虫籠バッグと魚籠

これは大内宿に行った帰りに会津若松七日町の満田屋で田楽をたべたときに寄った骨董屋で見つけた虫籠バッグと魚籠。虫籠バッグは最初店のオヤジはこれ素人丸出しだから塗りも作りもまあ、素人だねえ!と言っていたのが買うと言ったとたん、これはなかなか出物がないし、これ漆塗りだから結構値段はるんだよ!と言い出したので、裏に値段1800円て、書いてあるよ、あんた、大体この塗りが漆なわけないでしょ!と言ったら、「あれーそうだねえ、あれえ、拭き漆化と思ったんで、まあ1800円かな!、」と言った虫かごバッグ。まあ珍しいよ。
DSC03000.JPGDSC03001.JPGDSC03007.JPGDSC03003.JPGDSC03006.JPGDSC03005.JPGDSC03004.JPGDSC03008.JPGDSC03010.JPGDSC03009.JPG
こちらは編み込みで作った魚籠、これもオヤジに買うと言ったら急に、これ編み込みだからねえ結構値段はるのよ、珍しいからねえ、というので、またふたを開けて中に1800円て書いてあるよと言ったら、ああ、破れもあるし、お客さん目が高いよと言うので、いやこの値段で文句あるなら2つともいらないよ!と言ったらお客さん目が高いからー!を繰り返していた。
DSC03011.JPGDSC03012.JPGDSC03013.JPGDSC03015.JPGDSC03014.JPGDSC03017.JPGDSC03021.JPGDSC03020.JPGDSC03018.JPGDSC03019.JPGDSC03016.JPGDSC03022.JPGDSC03023.JPG
posted by entotsu at 00:36| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする