2021年11月29日

CHAOTIC BLUEバッグとノーブランドハンドバッグ

CHICASATO blueは投げ売りコーナーにあったんだけど、調べてみたら受注生産なんかもしている凝ったバッグメーカーで結構値段も高い。ギミックがいろいろあって、前面にポケットとキーホルダー4個、さらに低いポケットにジッパー。後ろにはキャスターに挟む素通しポケットにちゃんとしたポケットも付いている。内部はしっかり袋縫いもされていて丈夫。ベルトの付け方も独特で面白い。今後もう少しクラッシックな形にギミックを加えていけば面白いんだけど。
DSC01417.JPGDSC01418.JPGDSC01420.JPGDSC01419.JPGDSC01423.JPGDSC01424.JPG
こちらはノーブランドのバッグなんだけど面白いですよ。まず革が良い。織り目もしっかり付けて縫いもきちんとしている。シンプルなんだけど全体のシルエットは中々綺麗。なにより贅沢な革を使った内ポケットがしゃれてます。誰が作ったんだろう?
DSC01410.JPGDSC01412.JPG
DSC01413.JPGDSC01415.JPGDSC01414.JPGDSC01416.JPG
posted by entotsu at 00:07| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月04日

ハリスツイードミニボストン、ポロのダッフルバッグ、パケットのショルダー

これはCHICASATOブランドの表がハリスツイードで中はアイリッシュリネン。なかなか凝った作りで楽しめる。しかし中のリネン素材をふんだんに使っているので結構重い。ちょっと持ち歩いて使いたいね。
DSC01237.JPGDSC01238.JPGDSC01239.JPGDSC01240.JPGDSC01241.JPGDSC01243.JPGDSC01242.JPG
こちらはポロのダッフルバッグ。このシリーズは30年以上前に流行って僕は大好きで様々な種類で10個ほど持っている。これは未使用、保存も良く革も傷んでいない。ポロはこのシリーズを定番化すればいいのに。最近のポロのこの柄のモノは塩化ビニールも薄くて革も安っぽい。
DSC01236.JPGDSC01234.JPGDSC01232.JPGDSC01235.JPG
こちらはパケットのショルダー。1000円で売ってたのに革が良いんです。タンニン鞣しと書いてある。ネットで見たら中古で1万円くらいしてた。使い込んだら良くなる革です。
DSC01246.JPGDSC01248.JPGDSC01245.JPGDSC01247.JPGDSC01249.JPG
posted by entotsu at 02:49| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月18日

太平洋戦争中のバイクバッグ

大戦の時の日本のバイクに付けるバッグを2つ持っている。こちらの方は良好な保存状態で中に両方のバッグに水筒が入っている。とんでもない厚い革を手縫いで縫ってあって、いったいどこのメーカーが発注を受け、どのくらい量産したんだろう。80年位前の革なのに久々に油を塗りこむと艶を出してくる。この頃の戦時下の革製品は軍事にしか使われてないはずだけど、どういう環境や状況で作られていたんだろうと興味が尽きない。
DSC01066.JPGDSC01067.JPGDSC01075.JPGDSC01072.JPGDSC01071.JPGDSC01068.JPGDSC01070.JPGDSC01069.JPGDSC01076.JPGDSC01073.JPGDSC01077.JPGDSC01078.JPG
posted by entotsu at 23:01| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする