2017年03月16日

ジャックウルフスキンバッグ他

ジャックウルフスキンのマークが好きなのだ。あのオオカミの肉球がいいんだよねえ。昔はあのマークを車に張っていたくらい。しかし好きな割には小さなリュックを2つくらいしか持ってない。ようするにあんまり好きなものがない。まあ、アウトドアブランドですからね、あまり日常使用のモノがない。今回はガーメントバック風のモノなのだが売れなかったらしく投げ売り価格で出ていた。これでもかと言うくらいポケットがあるけど特に魅力は無い。使い勝手は今度旅行で使ってみて結論を出します。せめてマーク大きくすればいいのに。
P3160290.JPGP3160291.JPGP3160292.JPGP3160294.JPGP3160295.JPGP3160293.JPGP3160296.JPGP3160297.JPGP3160298.JPGP3160299.JPGP3160300.JPG
こちらはキタムラの口金式バッグ。口金でショルダーで革となると素通りできない。男が使うには形が小さいけどこういうの好きだなあ。
P3160308.JPGP3160309.JPGP3160311.JPGP3160310.JPGP3160313.JPGP3160312.JPGP3160314.JPGP3160316.JPGP3160315.JPGP3160317.JPGP3160318.JPG
またまたビュレが投げ捨て価格で出てました。珍しい形。しかし売れてるんだろうなあ、とにかくリサイクルショップでは必ずある。
P3160302.JPGP3160301.JPGP3160303.JPGP3160304.JPGP3160305.JPGP3160306.JPGP3160307.JPG
posted by entotsu at 03:51| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

BPの黒バッグ、他

BPのバッグは30年ほど前にサライなどで良く取り上げられていた。日本製では珍しい型整形の硬いバッグで面白いとは思ったが値段が高いのと容量が入らないので小さなショルダーを一つ持っているだけだった。それがどういうわけかこの1年でリサイクルショップで、デッドストックが4つも見つかって不思議な現象だと思っていたら、また一つ見つかった。少々傷はあるものの使われた形跡のないデッドストックものである。なにかこのぼっこりした形には惹かれるものがありますね。
P3090141.JPGP3090144.JPGP3090143.JPGP3090142.JPGP3090146.JPGP3090147.JPGP3090148.JPGP3090145.JPGP3090149.JPG
こちらの2点は投げ捨て籠に入れられていたもの。一つ目はスエードの取っ手極太トート。150円。以前から女性ものの極太取っ手のトートに興味はあって、いったいこの極太の取っ手は持ちやすいのかどうか気になってはいた。今回手に入れて持ってみたら、持ちにくい。安定も悪いで、デザイン的には面白いけど使い物にならなかった。
P3090150.JPGP3090153.JPGP3090151.JPGP3090154.JPGP3090152.JPGP3090155.JPG
もう一つはパーティーバッグだと思うがノーブランドで300円。鞄自体は全然大したことのないものだがハートのイニシャルと取っ手が真鍮メッキでやたら目ったら重い。いったい何を考えてこんなものを作ったんだろう?そのわけのわからない情熱は面白いので買ってきた。内部はビニール張りで安っぽい。鞄を立てようと思ったら取っ手が重くて一回転してた。馬鹿すぎて愛嬌がある。
P3090156.JPGP3090158.JPGP3090160.JPGP3090161.JPGP3090157.JPGP3090162.JPGP3090159.JPG
posted by entotsu at 03:27| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

Y/saccsのバッグとコーチ2種

Y/saccsのPOUR HOMMUと表記がある鞄なんだけど、これいつのモノか?取っ手部分の革の状態はほぼ死んでいる状態で少し引っ張るとちぎれそう。鞄の上部以外はビニールでこちらはあまり楚辞てない。ポケットの中には鍵が3個ビニールに入ったままなのでデッドストックかも。面白いのは取っ手の脇の留め金具3つ。この姿が面白い。ただし美しく締まるのではなくかぶるように閉まっている。ところがこの留め金具を外しても本体の入り口は無く補助的にジッパーで連結されたポケット付きの側面が閉まるだけ。本体は反対側のジッパーで開ける。全く機能的ではないが発想は面白い。作り自体は見るべきものは無し。ここから新しい形態を考えるには良いたたき台になる。
P2272334.JPGP2272337.JPGP2272335.JPGP2272336.JPGP2272338.JPGP2272339.JPGP2272345.JPGP2272343.JPGP2272341.JPGP2272342.JPGP2272340.JPGP2272344.JPGP2272346.JPGP2272347.JPGP2272349.JPGP2272348.JPG
こちらはコーチのまねっこクロエ。しかしクロエは流石にぺたんと潰れた感じをしっかり出しているのこれは中途半端に高さもあるので形も入れるものも中途半端。それで売れなかったらしく値段票が次々張り替えられて気の毒な値段で出ていた。革の質感は良いんだけどね。使いにくいでしょう。
P2272351.JPGP2272352.JPGP2272353.JPGP2272350.JPGP2272355.JPGP2272361.JPGP2272357.JPGP2272356.JPGP2272358.JPGP2272359.JPG
こちらはコーチのトート。作りは良いんだけど地味。それで売れなかったらしく投げ売りになっていた。気の毒。僕は結構好きなんですけどね、これじゃあ売れないでしょうねえ。
P2272362.JPGP2272363.JPGP2272364.JPGP2272365.JPGP2272367.JPGP2272368.JPG
posted by entotsu at 03:34| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする