2019年02月08日

上野の森美術館アートスクール火曜昼教室合評会

今回の課題は糸張り下地にフェルメール衣装のモデルを描くでした。下地はパネルに赤い糸を貼ってその上からジェッソを塗って固定。それでも凸凹があるのでこれが作品の味になる。生徒さんはそれぞれ自分で工夫した糸の張り方をしているので、この下地技法は初めて考えたものですが、今月はインフルエンザで欠席が多く作品は少ないですが、その効果をご覧ください。
P2050269.JPGP2050268.JPGP2050267.JPGP2050265.JPGP2050266.JPGP2050263.JPGP2050264.JPGP2050262.JPGP2050261.JPGP2050260.JPG

こちらは僕の作品。糸の上からかなりやすり掛けして糸の赤い色を出しています。
P2050255.JPGP2050256.JPGP2050257.JPGP2050258.JPGP2050259.JPG

posted by entotsu at 00:47| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

牛久絵画教室合評会

牛久絵画教室の合評会です。今回はオーソドックスなポーズだったこともあって皆さん面の取り方と明るい部分のモデリングが上手くなってきたことが良く分かります。全員基本の明暗法の基礎勉強をしているので、常に周りと比較して自分の作品を描いているので新しく入った人たちの伸びがあります。やっぱり比較研究は勉強になりますね。では作品をご覧ください。
P1310224.JPGP1310225.JPGP1310223.JPGP1310226.JPGP1310227.JPGP1310228.JPG
こちらは僕の作品。両端の流れるような塗りの部分は最初に刷毛で塗った荒々しさをそのまま残してみました。
P1310218.JPG
P1310219.JPGP1310220.JPGP1310221.JPGP1310222.JPG
posted by entotsu at 02:27| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

上野の森美術館アートスクール火曜、水曜夜間クロッキー合評会

火曜水曜の夜間ともクロッキー月間の合評会です。正月を挟んで2週づつだったため、餅の食べすぎによる技能低下などもあり、伸び悩みもあれば、ホップステップジャンプで上手くなっていく人も居て人生悲喜こもごもです。クロッキーはデッサンの描きだしの様に思っている人も多く、日本ではあまり作品としての市場が未発達で線表現に長けた国民性にもかかわらず不況です。大変奥深く需要な表現手段でありますので今後ともうちの教室では力を入れていきたいと思っています。今回の皆さんの奮闘をご覧ください。1カ月で平均100枚描いてます。
P1152523.JPGP1152524.JPGP1152526.JPGP1152527.JPGP1152528.JPGP1152529.JPGP1152525.JPGP1152530.JPGP1152531.JPGP1152532.JPGP1152533.JPGP1162534.JPGP1162536.JPGP1162537.JPGP1162535.JPGP1162539.JPGP1162538.JPGP1162541.JPGP1162546.JPGP1162547.JPGP1162549.JPGP1162550.JPGP1162548.JPGP1162542.JPGP1162544.JPGP1162545.JPGP1162540.JPGP1162543.JPG
posted by entotsu at 00:09| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする