2019年05月16日

キャンバス目を潰さないモデリングについて

僕のアクリルの本の「キャンバス目をつぶさずにモデリングをする」というのが,解らないと質問がありました。これは要するにキャンバスには麻の繊維の凸凹が付いています。これはこの凸凹を使って出っ張ったところにだけ絵の具を付けたりすることで下地の色と上に載せた色を点描の様にどちらの色も見えるようにすることです。言葉で言っても分かりにくいので、今上野の森美術館アートスクール火曜、水曜の裸婦の僕が一緒に生徒さんと描いてる3点の途中作品のアップを見てください。キャンバスの出っ張った部分と引っ込んだ部分の色の違いを出すのが肝要です。
P5151570.JPGP5151572.JPGP5151573.JPGP5151574.JPGP5151585.JPGP5151586.JPGP5151587.JPGP5151589.JPGP5151588.JPGP5151591.JPGP5151592.JPGP5151593.JPGP5151594.JPGP5151595.JPGP5151596.JPG
posted by entotsu at 03:26| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

上野の森美術館アートスクール火曜、水曜夜間下地作り

夜間部今週は下地作りの日で1日でドリッピング下地と、モデリングペーストとジェッソを半々で混ぜたペーストをシナベニヤパネルにナイフで盛り上げて地塗りします。ドリッピングの方は混色して用意された10種類のカラージェッソの1色をキャンバスに塗り乾かして3〜4色をドリッピングします。色の選び方ドリッピングのしずくの大きさ等で下地と言えど個性が出ます。それが面白い。一度下地のありがたみを知ると白キャンバスには怖くて描けなくなります。パネルの方は完全に乾かしてからグレイスープを掛けてからやすりで研ぎだします。
P5015703.JPGP5015702.JPGP5015705.JPGP5015704.JPGP4305533.JPGP4305531.JPGP4305532.JPGP4305530.JPGP4305529.JPGP4305528.JPGP4305527.JPGP4305471.JPGP4305473.JPGP4305526.JPGP4305472.JPGP4305470.JPG
posted by entotsu at 03:23| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

牛久教室4月の合評会です。

この頃生徒さんの立体把握力と空間表現のレベルが上がってきています。もうひと踏ん張り頑張ってステージを挙げてもらいたいものです。
P4252766.JPGP4252765.JPGP4252768.JPGP4252769.JPGP4252767.JPG

こちらは僕の作品
P4263432.JPGP4263433.JPGP4263434.JPGP4263435.JPG
posted by entotsu at 23:28| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする