2018年08月23日

上野の森美術館アートスクール夏季特別講座「クロッキー特訓」

クロッキー特訓を火曜水曜の2日間でやってきました。クロッキー講座は線を鍛えるには不可欠で通常講座は年に8回。特別講座でも4回ほど開催しています。線はモデルさんのリアリティーを求めて修練を繰り返せば必ず伸びます。今回は2日で80枚ほど描きました。流石に初日と2日目では線が変わります。生徒さん同士の作品を見合う事は大変勉強になるので最後の講評会以外にも前日の作品を貼りだして鑑賞します。クロッキー表現は作品を変えていく大きな力を持ちます。
P8220324.JPGP8220325.JPGP8220326.JPGP8220327.JPGP8220331.JPGP8220332.JPGP8220335.JPGP8220334.JPGP8220336.JPGP8220333.JPGP8220337.JPGP8220338.JPGP8220339.JPGP8220341.JPGP8220340.JPGP8220344.JPGP8220343.JPGP8220342.JPGP8220345.JPGP8220346.JPGP8220347.JPG
僕が使っているクロッキー道具はコヒノール5.6ミリ芯6B。パンパステル。満須屋の4つ切り原稿用紙
P8220328.JPGP8220329.JPGP8220330.JPG
posted by entotsu at 02:50| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

NAYUTA展展打ち上げ旅行

上野の森美術館アートスクール水曜夜間の生徒さんが中心になってやっているNAYUTA展が終わったので打ち上げ旅行で大内宿に行ってきました。大内宿山形屋とのおつきあいはもう33年ほどになります。以前勤めていた学校の美術部の合宿からのご縁です。大体年に1〜2回はお邪魔してます。囲炉裏の上で燻製にしたイワナをあぶってどんぶりに入れて熱めにお燗した日本酒を注いで何度もお替りして注ぎ足して飲みます。美味いよ!外にはイワナの生簀もあり、生きたまま内臓を取り出して串を差し炭で炙ったものは美味いヨお!山形屋の名物おばあちゃんは今年で105才であります。大内宿歴史上最年長だそうです。大内宿を発見した武蔵野美術大学民俗学学生を家に泊めてお世話した豪傑婆ちゃんです。大内宿は昼間でももう涼しくて長袖が必要なくらいです。蕎麦は10割蕎麦を打ってくれます。ここに来るのは命の洗濯ですなあ。
P8190042.JPGP8190041.JPGP8190044.JPGP8190045.JPGP8190046.JPGP8190047.JPGP8190048.JPGP8190049.JPGP8190043.JPGP8190050.JPGP8190053.JPGP8190052.JPGP8190054.JPGP8190057.JPGP8190055.JPGP8190056.JPGP8190058.JPGP8190051.JPG
posted by entotsu at 23:53| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

上野の森美術館アートスクール夏季集中講座の空き缶を万年筆で描く

下記の集中講座では大抵風景画を描いて来たんだけど、たまには別なものを描きたいという要望があり今回はキャンベルスープ缶を描くことにした。ただし缶を絵に描くのは難しいし、なかなか絵にならない。それで僕が缶を絵になるように作って提供することになった。要するに丸みの在る缶をそのまま描くのは相当なデッサン力がないと絵にならない。だから描きやすいようにまず缶を潰してペンチで裂け目を作った。本来ならそのまま地面に埋めて1カ月も雨ざらしにしておけば良い風合いになるのだが今回はそんな時間も無いのでそれっぽくアクリルで着色して作った。取りあえず描き方の説明と、アクリルスタンプ下地で作ったものに実際に描いたものも作った。作例づくりが大変なんです。
P8137362.JPGP8137363.JPGP8137364.JPGP8137365.JPGP8137366.JPGP8137368.JPGP8137369.JPGP8137370.JPG
P8127355.JPGP8127356.JPGP8127358.JPGP8127357.JPG
posted by entotsu at 02:15| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする