2018年05月09日

上野の森美術館アートスクール火曜昼夜講座とも新しい下地作り

昼の教室は午前中に20号にジェッソとモデリングペーストを半々に混ぜたものに着色した3色をナイフでモデリングしながら重ね合わせ乾かしてから絵の具のグレイスープを掛けて完成。
P5080636.JPGP5080635.JPGP5080642.JPGP5080645.JPGP5080644.JPGP5080650.JPGP5080649.JPGP5080648.JPGP5080646.JPGP5080652.JPGP5080665.JPGP5080668.JPGP5080667.JPG
作った下地に描き初めの僕の作品
P5080662.JPGP5080663.JPGP5080669.JPGP5080664.JPGP5080666.JPG
こちらは夜間教室のたらし込み下地の様子。2枚のキャンバスに思い思いのたらし込みで下地を作ります。用意した下地の色は水溶きジェッソヲ15色。
P5080673.JPGP5080675.JPGP5080676.JPGP5080678.JPGP5080677.JPGP5080679.JPGP5080680.JPGP5080681.JPGP5080671.JPGP5080674.JPG
posted by entotsu at 02:56| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

上野の森美術館アートスクール火曜水曜夜間合評会

新学期最初の合評会作品です。新しい方も入って周りの人の作品から多くのヒントを貰って仕上げています。僕の教室では絵画の基本である明暗法を徹底的に裸婦を使って勉強する講座です。明暗法は光と陰で描く絵画ですが、そのもっとも重要な要素は2次元であるキャンバスに疑似3次元空間を自在にコントロールできるようにする勉強です。基本は面倒くさく地道で少しづつしか進歩しないので多くの絵画教室は初めからやってませんがコツコツ努力すれば必ず進歩する技法です。基本があるから自分の位置が分かるので自分流の描き方だけではすぐに方向を見失うので苦しくても続けることが上達の最短距離です。作品をご覧ください。並べてみれば生徒さんが今どこの位置で悩んでいるか見て取れると思います。
最初は火曜夜間作品。
P4240216.JPGP4240215.JPGP4240218.JPGP4240217.JPGP4240220.JPGP4240222.JPGP4240219.JPGP4240221.JPGP4240224.JPGP4240223.JPGP4240225.JPGP4240226.JPGP4240227.JPGP4240228.JPGP4240229.JPGP4240230.JPGP4240231.JPG
こちらは水曜夜間作品
P4250300.JPGP4250302.JPGP4250299.JPGP4250301.JPGP4250298.JPGP4250297.JPGP4250296.JPGP4250295.JPGP4250293.JPGP4250292.JPGP4250291.JPGP4250294.JPGP4250290.JPGP4250288.JPG
posted by entotsu at 03:40| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

牧園教室で万年筆画特訓始まる

つくばの牧園教室で万年筆でスケッチが出来るようになろう!という事で半年間の特訓が始まった。毎回2時間で1枚の課題写真から作品を仕上げる。作品はその日で終わり。今回はその2回目。どうしても、まだ鉛筆の下描きに時間が掛かって鉛筆で仕上げてからペンに移ろうとするので描きこみ時間が足りなくなる。半年後にどこまで成長するか楽しみである。時々お見せしますね。
P4182906.JPGP4182903.JPGP4182907.JPGP4182904.JPGP4182905.JPGP4182902.JPGP4182901.JPG
こちらは一人の生徒さんの前回の作品と復習で描いてみた作品。
P4182899.JPGP4182900.JPG
posted by entotsu at 02:15| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする