2023年12月18日

福音館たくさんの不思議の中世の石造りの街

全体構成をするのに今までイタリアで描いた街の作品を探したら、もう売れて、無いだろうと思っていたのが全然売れてなくて全部自分で持ってて、こんなに売れてなかったんだと今更ながら悲しい気分になりました。しかしおかげで良い本が出来そうです。複雑。
DSC00636.JPGDSC00639.JPGDSC00645.JPGDSC00644.JPGDSC00641.JPGDSC00638.JPGDSC00642.JPGDSC00640.JPGDSC00643.JPGDSC00637.JPG
posted by entotsu at 23:44| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月15日

sukannnoの全景を描きました。

下北沢の個展に福音館たくさんの不思議の編集長が来てくれて、イタリアスケッチ旅行のスカンノのスケッチを見せたら、こんな、階段のある街が今でもあるんだと喜んでくれて、これで1冊作りませんかと言う話になって、「造ります!造ります!」ということで早急にスカンノの全景図を描かなければならなくなり、シャカリキで1週間で描いてようやく完成。吐きそうなくらい細かく描くので、もう万年筆画見たくない、描きたくない症候群が出た。
DSC00635.JPGDSC00631.JPGDSC00633.JPGDSC00632.JPGDSC00634.JPGDSC00630.JPG
posted by entotsu at 00:32| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月06日

益子陶器市に、そえやさんにご焼香に行って来ました。

40年も前から懇意にしていた、そえやのご主人が4月に亡くなっていたことを陶器市の案内状のはがきで知って、取り合えずご焼香に行ってきた。1月に病気が分かった時には手遅れで4月に亡くなった。奥様は未だに夢のようで実感が無いとのこと。遺言で陶器市には必ず店を開けて欲しいということでこうして店を開けて、毎週土日は店を開けて作り貯めた作品を並べていくとのこと。
DSC06111.JPGDSC06110.JPGDSC06109.JPGDSC06113.JPGDSC06112.JPGDSC06103.JPGDSC06106.JPGDSC06105.JPGDSC06102.JPGDSC06107.JPGDSC06108.JPGDSC06101.JPGDSC06100.JPG
今回僕が買った花入れは添谷さんご本人も気に入った出来だと言っていたそうだ。エッジの効いた6角形の作品で全体の呉須の蒼に対して稜線に柿湯の赤が入る。これはご主人が好きだった河井寛次郎の横に並べても引けを取らないと思う。
DSC06116.JPGDSC06117.JPG
左の丸い形のカップは添谷さんの昔からのモノで、右の面取りは僕が依頼して作ってもらった形。
DSC06118.JPG
posted by entotsu at 00:52| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする