2019年02月15日

嬉しいお便り。

大分で絵本の読み聞かせの会を主宰している方から福音館に「ねこぶたニョッキのおつかい」へのお便りが届けられた。その封筒の中には読み聞かせの会に参加した和間小学校1年生の人達が、自分たちが考えるホッペフワリンポヨヨーーンパンの絵を描いて届けてくれたことが書かれていて、作者の方に渡してくださいと実際の作品も同封されていました。福音館の社内に張り出された後、僕の所に編集者の方が届けてくれました。自分が考えたキャラクターが遠いところでこんな風に交流できているのが嬉しくて教室に張り出してます。
P2140950.JPG
P2140936.JPGP2140938.JPGP2140939.JPGP2140937.JPGP2140941.JPGP2140940.JPGP2140942.JPGP2140943.JPGP2140944.JPGP2140946.JPGP2140947.JPGP2140945.JPGP2140948.JPGP2140949.JPG
posted by entotsu at 02:58| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

名古屋教室万年筆画

名古屋教室は前回が終わった後に忘年会だったので荷物を持って帰るのが大変なので2時間でみんな同じ課題の万年筆画を描こうという事になった。しかしなんだかんだで描ける時間は正味1時間半くらいでしたが、流石に皆さん年に1回はスケッチ会をやっているので難しい課題だったのですが結構描けてました。
PC141570.JPGPC141572.JPGPC141567.JPGPC141564.JPGPC141568.JPGPC141566.JPGPC141565.JPGPC141571.JPGPC141569.JPGPC141574.JPGPC141573.JPGPC141575.JPGPC141576.JPGPC141577.JPG
posted by entotsu at 00:19| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

センダード光源社

光源社の本店は盛岡の材木町にある。宮沢賢治の注文の多い料理店を出版したことで有名だが現在は民芸の店になっている。その仙台支店がセンダード光源社という名前で一番町にある。高齢の母親が居るので仙台にはちょこちょこ帰るのだがたいてい光源社による。今回買ったのはガテマラの民芸品で曲げ輪の木の箱の中に人形が5体入っている。子供たちが寝る前にこの人形に1体に1つづつ心配事を言って箱に入れて枕の下に置いて寝ると心配事が朝起きると消えているというもの。誰が作るのか知らないがいろいろ出来不出来があります。とりあえず私は15の悩みが無くなりますわ。骸骨はメキシコの人形。この頭の装飾がなんでこんな風に考えたのか面白い。
PB281021.JPGPB281022.JPGPB281023.JPGPB281024.JPGPB281035.JPGPB281034.JPGPB281036.JPGPB281037.JPGPB281038.JPGPB281039.JPGPB281026.JPGPB281029.JPGPB281030.JPGPB281033.JPG
posted by entotsu at 02:52| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする