2021年04月07日

ザ・ペンシル・パーフェクト究極の鉛筆本

久々に銀座6蔦屋に行ったら面白い鉛筆本がありました。ニューヨークで鉛筆専門店を経営するキャロライン・ウィーバー氏が著者で楽しいのはイラストも全部鉛筆で描いてある。鉛筆の誕生からブランドストーリーまで165ページにわたって内容が深い。
P4070001.JPGP4070002.JPGP4070003.JPGP4070006.JPGP4070005.JPGP4070010.JPGP4070007.JPGP4070008.JPGP4070009.JPGP4070012.JPG
posted by entotsu at 01:52| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

万年筆画教科書制作佳境に入りました

今週は万年筆画教科書のキモ、万年筆画作例の制作過程の撮影です。これがなかなかの曲者で後半の難しいレベルのモノは結構時間が掛かる。難しい方の4点は明日完成しなくてはなりません。ちょちょちょーーいですよ!なんて言ってたのがズドドーーーンであります。参った。
DSC09559.JPGDSC09563.JPGDSC09566.JPGDSC09562.JPGDSC09568.JPGDSC09564.JPGDSC09569.JPGDSC09561.JPGDSC09565.JPGDSC09570.JPGDSC09560.JPG
posted by entotsu at 01:19| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

何かと話題になっている芸大美術史の本

丸善に山澄になっていたのを見て、表紙がヴァンデル・ヴァイデンだったので迷わず買う。これが当たり。美術史本で面白いのはめったにないがこれは面白い。ジョットあたりから書かれているんだけどとにかく資料が豊富。知らなかった事実が目白押しでとにかく面白い。表紙裏に書いてあるコメント「バランスよく作品を知るより個々の作品に対する具体的なアプローチを学んだ方が実は美術鑑賞のコツを得るには手っ取り早いのです。」と言う言葉がピッタリ!しかし全く知らないと訳が分かりませんぞ。作品論なんかではちょっと首をかしげるところもありますが、兎に角勉強になります。お薦めです。
DSC09503.JPGDSC09506.JPGDSC09510.JPGDSC09507.JPGDSC09508.JPGDSC09509.JPGDSC09505.JPGDSC09504.JPG
posted by entotsu at 00:16| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする