2024年07月14日

手描き写本の展覧会

西洋美術館で写本の展覧会をやっている。15世紀にグーテンベルグが印刷術を発明するまで聖書は手描きで作られていた。バチカンの美術館で見ていた写本はA3くらいの大きなもので、写本の本も原寸より大きく印刷されていたので漠然とそのくらいの大きさだと思っていた。ところが西洋美術館のモノは聖書のバイブルサイズと同じ大きさで、正にモールスキンに描いた大きさ。神に捧げるために修道士が書いたものだから、手抜きも誤魔化しも無い。実物を見るとあまりに敬虔な祈りの仕事に感動しますよ。カタログはダイジェストで載っているので、これが見たいというものが外れているが、会場で写真撮影が出来るので資料作りにはありがたい。
DSC00821.JPGDSC00822.JPGDSC00824.JPGDSC00823.JPGDSC00826.JPGDSC00825.JPGDSC00827.JPGDSC00829.JPGDSC00828.JPGDSC00830.JPG
写本は羊の革に書かれている。羊の革は石灰で煮られた後、皮をはぎ、薄く削って、引っ張って乾かして完成。字を書くモノはガチョウや白鳥の羽。色は貂の尻尾の筆で描く。
DSC00833.JPGDSC00831.JPGDSC00834.JPGDSC00836.JPGDSC00835.JPGDSC00837.JPG
posted by entotsu at 23:48| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月12日

気の毒なカバン達。

また、ついふらふらとリサイクルショップに入ってしまった。すると、そこでは正に目を覆うようなカバン達の残虐カバン投げ売りが行われていた。なんとニューヨークのファッションブランド、マックスアゼリアが銀座店から撤退したけれど、革で結構凝って作られていて、棚ズレ品で使われた形跡がないものが700円。ヌメーロディエイチの結構凝った、革を絞った、やはり棚ズレ品が500円。気の毒でしょう。ゲンテンのバッグは裏生地にしかゲンテンロゴが入ってないので、気が付かなかったのか1600円。可哀そうで買っちゃうよねえ。
DSC00809.JPGDSC00811.JPGDSC00812.JPGDSC00810.JPGDSC00813.JPGDSC00814.JPGDSC00817.JPGDSC00818.JPGDSC00816.JPGDSC00815.JPGDSC00805.JPGDSC00806.JPGDSC00807.JPGDSC00808.JPG
posted by entotsu at 00:17| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月11日

上野の森美術館アートスクール火曜水曜夜間の仮面の自画像

今回は仮面の自画像を描くという事で昨日から僕もサルのお面をかぶって自画像を描いている。自画像はホント久々ですわ。とりあえず昨日から3点描きました。
DSC00804.JPGDSC00797.JPGDSC00799.JPGDSC00800.JPGDSC00801.JPGDSC00802.JPGDSC00803.JPG
posted by entotsu at 01:19| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする