2017年08月11日

牛久煙突絵画教室合評会

今日は牛久教室の合評会。今回のポーズはモデルさんが壁に寄りかかっているポーズでなかなかむつかしかったようです。
P8102639.JPGP8102638.JPGP8102636.JPGP8102637.JPGP8102635.JPG
こちらは僕の作品
P8102630.JPGP8102631.JPGP8102632.JPGP8102633.JPG
posted by entotsu at 02:40| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

上野の森美術館アートスクール火曜水曜夜間合評会

火曜水曜の夜間は課題が「ローラー下地に和紙を張ったものにペン画を描く」です。コラージュなども取り入れながら今週が最終日。万年筆を使っている人が多いんだけど流石になかなか皆さん上手くなりましたよ。
P8092610.JPGP8082583.JPGP8082581.JPGP8082579.JPGP8082578.JPGP8082582.JPGP8082580.JPGP8082584.JPGP8082585.JPGP8082586.JPGP8082588.JPGP8082590.JPGP8082587.JPGP8082589.JPGP8082591.JPGP8082593.JPGP8092599.JPGP8092596.JPGP8092595.JPGP8092598.JPGP8092597.JPGP8092600.JPGP8092594.JPGP8092603.JPGP8092602.JPGP8092604.JPGP8092605.JPGP8092606.JPGP8092601.JPGP8092607.JPGP8092608.JPG
こちらは僕の作品、試行錯誤の末潰れてるのと、新しくセピアで描いているのは先日カキモリの取材で作った顔料インクのセピア。
P8092611.JPGP8092613.JPG
posted by entotsu at 03:26| 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

万年筆談義の万年筆その3

さて1回目にモンブランの121,221,301で万年筆にハマったと書いたが、完全にはまるのは、やはり梅田晴夫の「万年筆」を読んでからである。その梅田晴夫が自身のコレクションを総合して最高の万年筆をプラチナと作り上げた3776を買って火が付いた。剥き出しのペン、太軸と長さとバランス。当時は良く分からないから、これが最高のペンなんだと思って使っていた。3776は今でも続くプラチナのベストセラー万年筆だが、いまではプラチナ自身がこれぞ究極の万年筆と宣伝してないのが面白い。そしてこれに刺激されて買ったのがペリカン復刻の400とオマスのクラッシックミロードである。これらは約40年前のペンである。ペリカン400のキーコキーコとペン鳴りをしながら柔らかい書心地はなるほどこれなんだ!そして鳥海さんがイタリア女の弾力と称したオマス、クラッシックミロード。元祖ぬるぬるぬらぬらペンである。
P8072562.JPGP8072563.JPGP8072564.JPGP8072565.JPGP8072566.JPGP8072567.JPGP8072572.JPGP8072573.JPGP8072576.JPGP8072571.JPGP8072568.JPGP8072569.JPGP8072570.JPG
posted by entotsu at 23:34| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする