2022年12月04日

今、紅葉の季節なので、コピーして保存して描きましょう。

と言っていたのですが、自分でもやらなくちゃということで、やっています。今作っている万年筆画初級編にも載せるので、使っている万年筆はパイロットのKAKUNOのEFだけです。細い線は裏を使っています。あまりペンで描きすぎると暗くなってしまうので細かさは描くけども描きこまないように注意して描きます。色は色鉛筆。葉脈を白く塗り残しています。結構時間が掛かりますよ。
DSC04431.JPGDSC04435.JPGDSC04432.JPGDSC04436.JPGDSC04433.JPGDSC04438.JPGDSC04434.JPGDSC04437.JPG
posted by entotsu at 23:55| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月02日

牛久教室モデル1日目

僕のキャンバス下地はアクリル4色垂らし込みにジェッソとモデリングペーストを上からナイフで塗りこんだもの。下地がグレイなので明暗で薄塗りの透明感のある絵にしようと思って始めたらだんだんエンジンがかかってしまってモデリングが始まってしまった。さあ、今後どうなるかしら
DSC04423.JPGDSC04425.JPGDSC04427.JPGDSC04428.JPGDSC04430.JPG
こちらは万年筆画入門書の為のカクノだけで描く紅葉落ち葉
DSC04420.JPGDSC04422.JPGDSC04421.JPG
posted by entotsu at 00:37| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月01日

何故、コーチグローブレザーバッグは廃れなければならなかったのか?

先日の萬年筆くらぶ、フェンテの会で資金調達の為のバザーが開かれていた。そこにコーチの黒グローブレザーバッグの正に写真のカバンの小型版が1万円で出されていた。
PC010001.JPG
程度の良い品だったので、価格は妥当なところで万年筆好きはカバン好きのことわざ通り、直ぐに誰か買うだろうと思っていたら最後の半額売り切りまで残って、ようやく買われていった。なんたる落ちぶれでありましょうか。マリークレール誌創刊の時からあまたグローブレザー、コーチ特集が組まれ、当時のサラリーマンはコーチレザーを持つのが定番で山手線に乗れば1車両に1人はコーチのバッグを持っていた。グローブレザーはアメリカの良心であり、一澤帆布のように未来永劫オリジナルとして君臨していくものと思っていたし、そういうクオリティーを持っていた。それがこの頃全くグローブレザーを持ってる人を見なくなった。これは売れなくなってきたから廃止したのか、それとも戦略替えで制作を台湾に拠点を移し安っぽい今の体系にしたのか、未だにまだ生きているだろうコーチのグローブレザーの職人にインタビューしたいものだ。しかし今でもブランドとして確立されているわけだから路線は当たった、と言って良いのかなあ?失くしたものが多すぎる。
posted by entotsu at 02:32| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする