2019年02月01日

セーラーのカリグラフィーペン

なんか、カリグラフィーが流行ってきてるのかしら?セーラーからもカリグラフィーペンが出てた。1ミリ、1.5ミリ、2ミリの3本で1ミリと1.5ミリを買ってみた。その昔カリグラフィーペンはただ間直ぐに横にカットしたものだったから真っすぐに使って横も真っすぐにしかインクが出なかった。それがペン先形状に工夫が凝らされ多少の斜めとかにも対応し、可成り書きやすく普段使いにも出来そうです。万年筆が世間に歩み寄ってきている感じですね。
P1310179.JPGP1310180.JPGP1310181.JPG
P1310184.JPGP1310182.JPGP1310185.JPGP1310183.JPGP1310186.JPGP1310187.JPGP1310188.JPGP1310193.JPGP1310194.JPGP1310197.JPG
P1310198.JPGP1310196.JPGP1310195.JPGP1310199.JPG
これを先日のツイスビーGOと比べてみましょう。カリグラフとしてはセーラーだけど全体の使い易さはツイスビー,値段は倍違うけどセーラーが1500円、軸は圧倒的にツイスビー。コンバーターを買えばセーラーは2000円になってしまう。ツイスビーは1.1ミリで3000円
P1310200.JPGP1310207.JPGP1310205.JPGP1310208.JPGP1310206.JPGP1310209.JPG
posted by entotsu at 22:10| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牛久絵画教室合評会

牛久絵画教室の合評会です。今回はオーソドックスなポーズだったこともあって皆さん面の取り方と明るい部分のモデリングが上手くなってきたことが良く分かります。全員基本の明暗法の基礎勉強をしているので、常に周りと比較して自分の作品を描いているので新しく入った人たちの伸びがあります。やっぱり比較研究は勉強になりますね。では作品をご覧ください。
P1310224.JPGP1310225.JPGP1310223.JPGP1310226.JPGP1310227.JPGP1310228.JPG
こちらは僕の作品。両端の流れるような塗りの部分は最初に刷毛で塗った荒々しさをそのまま残してみました。
P1310218.JPG
P1310219.JPGP1310220.JPGP1310221.JPGP1310222.JPG
posted by entotsu at 02:27| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

オファーマン、アルゾーニバッグ

ドイツの魂オファーマンであります。初めて手に入れましたね。カーフの柔らかい革で隙の無いデザイン。機能性。流石という感じ。鞄を開けたとたんアコーディオンの様にポケットが開く。どれもこれも使い易くデザインされている。上手いなあ。未使用品だと思うけど長い間詰め物無しで放置されていたらしく革が凹んだ状態。安いからしょうがないけど。使ってみたいと思わせるのが良いねえ。
P1300075.JPGP1300076.JPGP1300081.JPGP1300084.JPGP1300083.JPGP1300085.JPGP1300086.JPGP1300082.JPGP1300079.JPGP1300078.JPGP1300080.JPGP1300077.JPGP1300087.JPGP1300088.JPG
こちらはアルゾーニのバッグ。財布やウエストポーチなどが主体の日本のメーカーなんだけど少量鞄も作っている。これはリサイクルで見かけてなかなか質の良い革とデザインが気に入ってさらには980円だったので買ってきた。外観は良いんだけど内貼りの布がバフバフしてカッチリ感が無いのが残念。持ち手も作りが弱くチャックポケットのジッパーの作りも弱い。これはもっと良くなるのになあ。
P1300089.JPGP1300090.JPGP1300092.JPGP1300091.JPGP1300094.JPGP1300093.JPGP1300096.JPGP1300100.JPGP1300099.JPGP1300095.JPGP1300102.JPGP1300101.JPGP1300103.JPGP1300105.JPGP1300104.JPGP1300108.JPGP1300107.JPGP1300106.JPG
posted by entotsu at 03:08| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする