2021年10月07日

上野の森美術館アートスクール今週から新学期スタート。

火曜水曜と新学期の講座が始まった。3講座とも裸婦モデル再開。それぞれの火曜昼、火曜夜間、水曜夜間のポーズ決めクロッキーと。決まったポーズの僕の作品の描きだしです。大きさは12号、1回目で描けた時間は、流石に新規の生徒さんが増えた為60分以内。
DSC00958.JPGDSC00955.JPGDSC00960.JPGDSC00957.JPGDSC00954.JPGDSC00963.JPGDSC00959.JPGDSC00956.JPGDSC00961.JPGDSC00962.JPGDSC00964.JPGDSC00966.JPGDSC00967.JPGDSC00965.JPGDSC00971.JPGDSC00970.JPGDSC00968.JPGDSC00969.JPGDSC00972.JPGDSC00973.JPGDSC00974.JPGDSC00975.JPGDSC00977.JPGDSC00976.JPG
DSC00986.JPG
posted by entotsu at 01:35| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月06日

DANIEL SMITHの水彩絵の具

世界堂に行ったら新規輸入開始商品としてDANIEL SMITHの水彩絵の具が紹介されていて、試し書きサンプルが置いてあった。使ってみたらすごくいいのだ。シュミンケみたいな溶け方をする。だから相当粒子が細かいのと、さらに面白いのが鉱物を砕いて絵の具にしたシリーズがあるのだ。ラピスラズリなんかを砕いて絵の具にしてある。ラピスラズリはルネッサンスのころ青として使われていたけど目玉が飛び出るほど高い。だから当時は青の量で絵の値段が決まった。現在で唯一ラピスラズリを絵の具として販売していたのはウインザーニュートンで長さ1センチのチューブで1万円もした。それが15mmチューブで2600円だから格安だけど流石にそれだけ売り切れてた。他の鉱物系絵の具も買ってきて試してみたのと、絵の着彩に使ってみました。鉱物顔料で石の建物を描くのだから合いますわよ。
DSC00942.JPGDSC00943.JPG
DSC00949.JPGDSC00948.JPGDSC00947.JPGDSC00944.JPGDSC00945.JPGDSC00946.JPGDSC00951.JPGDSC00952.JPGDSC00950.JPGDSC00953.JPGDSC00949.JPGDSC00948.JPGDSC00947.JPGDSC00944.JPGDSC00945.JPGDSC00946.JPG
posted by entotsu at 02:25| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月05日

イトーヨーカドー、ポルトガルタンニン鞣し革のカバー

以前に紹介したイトーヨーカドーが輸入したタンニン鞣し革のノートカバー。定価は22500円だったのがリサイクルに激安で流れてきた。使ってみたら1か月で良い感じの艶が出てきました。良い革だなあ。体調不良で療養中の出べそちゃんからもそのノートみたいの旅で探しに行きたいとハガキを貰いました。それがなんと1か月後にまたもちょっと大きいサイズの同じ革のモノがリサイクルに出現。早速手に入れてきました。今回のは前回のがトラベラーズノートサイズだったのが1,5倍くらいの大判でA4サイズが入ります。閉じるとマチがずれているのでノートと言うよりはバッグなのかもしれませんがノートとして使ってます。今回2つ並べてご覧に入れますが、これは決して出べそちゃんへの見せびらかしではなく、こういうのを早く探しに行ければいいねという励ましですね!友情だなあ!
DSC00930.JPGDSC00932.JPGDSC00929.JPGDSC00938.JPGDSC00931.JPGDSC00934.JPGDSC00935.JPGDSC00940.JPGDSC00936.JPGDSC00937.JPG
posted by entotsu at 00:08| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする