2019年06月28日

シルバーレイククラブバッグ、おやおや?

初めリサイクルショップでこのバッグを見つけた時は、30年くらい前に小学館の雑誌サライの通販で出たバッグだと思って、おお珍しい!今頃リサイクルに流す人が居るんだと感慨が走ったが、近づいてみたらシルバーレイククラブの帆布バッグでした。このデザインした人完全にサライバッグパクッテますね。取りあえずシルバーレイククラブのバッグを見てください。
P6282072.JPGP6282077.JPGP6282074.JPGP6282076.JPGP6282073.JPGP6282078.JPGP6282075.JPGP6282079.JPGP6282081.JPGP6282082.JPGP6282080.JPG

さてお次はサライバッグと比較してみてください。違いは大きさ、シルバーレイククラブは帆布の間にゴムを挟んでない事、側面にジッパーがあり防水シートが入ってる事、サライの方は口部にベロクロテープが付いてる事と外ポケットがある事。内部のメッシュの取り外しが出来るポケットは全くパクリでしょう。
P6282083.JPGP6282084.JPGP6282085.JPGP6282088.JPGP6282086.JPGP6282087.JPG

こちらは投げ出しコーナーに出てたバッグ。ノーブランドでバッグというより袋なんだけど革が良いのよ。これ500円で投げ売りするバッグじゃあないでしょう。縫製も丈夫で使い道ありそう。
P6282090.JPGP6282091.JPGP6282092.JPGP6282099.JPGP6282098.JPGP6282095.JPGP6282096.JPGP6282097.JPGP6282100.JPGP6282093.JPGP6282094.JPG
posted by entotsu at 02:08| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

上野の森美術館アートスクール火曜水曜クロッキー月間突入中

自己表現の線を鍛える為と自信が受けた感動を瞬時に描き記すために半年に1カ月クロッキーをやってます。継続して続けているので、ある時から突然表現力が上がってきます。クロッキーの表現力が高まると固定ポーズも進歩します。日々精進です。火曜昼は一足早く合評会でした。
P6251804.JPGP6251805.JPGP6251807.JPGP6251809.JPGP6251808.JPGP6251806.JPGP6251810.JPGP6251811.JPGP6251812.JPGP6251813.JPG

こちらは僕の作品、大体5分で描いてるものです。コヒノールの5.6ミリ芯かプラチナセンチュリー細字にパンパステルで着彩
P6221741 (1).JPGP6221743 (1).JPGP6221747 (1).JPGP6221744.JPGP6221745 (1).JPGP6221742.JPGP6221746.JPGP6251814.JPGP6251817.JPGP6251815.JPGP6251816.JPGP6261893.JPGP6261891.JPGP6261892.JPG

最後に必ず2分ポーズで10ポーズやります。これはクロッキーの線の本質は2分にあるからです。しかし可なり難度が高いポーズを描くのでなかなか思い通りの線を引くのは大変です。鍛えられますよお。
P6251818.JPGP6251820.JPGP6251822.JPGP6251823.JPGP6251821.JPGP6251826.JPGP6251825.JPGP6251824.JPG
posted by entotsu at 03:15| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

この頃のノートの変化

個展に銀座に行ってたので久々に伊東屋を隅々まで覗いた。一番変化を感じたのがノートで海外のノートの背表紙以外の側面部分にまで印刷されていたのが面白かった。そのうち面白かった2点を買ったのだがどちらも3000円。モールスキンがベストセラーになりノートが2800円もするということに慣れてきた。おかげで高級ノートが国産でも数限りなく作られるようになった。こちらのノートはNUUNAドイツ製。隙の無い見事なデザインで模様の印刷も表紙とコバの部分のずれが無い。中はドット。表紙はリサイクル革。モールスキンの倍くらいの面積厚みがあって3000円。
P6241785.JPGP6241786.JPGP6241788.JPGP6241787.JPGP6241792.JPGP6241791.JPGP6241789.JPG

こちらは同じNUUNA社のノート真っ黒な外観にページをめくると深紅が覗く。オシャレですよねえ。しかし凄いのは中のグラフ罫線が赤なんです。日本人には出来ないわよねえ。今後の世界戦略はデザインの戦いになりますね。
P6241793.JPGP6241799.JPGP6241794.JPGP6241795.JPGP6241798.JPGP6241796.JPG
posted by entotsu at 23:15| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする