2019年05月27日

行った気になるパシフィックビーナス瀬戸内海クルーズ、その3

さて大三島では名物の鯛めしを食べました。その後自転車を借りて島を横断しましたがあまり廃墟は無し。サイクリングロードは整備されていて自動車道とは別になっているので走り易かった。今回のクルーズの目玉に帆船未来丸に乗るオプショナルツアーがありました。ビーナスの出航の際には子供たちを乗せた未来丸が見送りに来てくれました。
P5202308.JPGP5202325.JPGP5202326.JPGP5202315.JPGP5202327.JPGP5202328.JPGP5202329.JPGP5202330.JPGP5202336.JPGP5202334.JPGP5202341.JPGP5202338.JPGP5202337.JPGP5202356.JPGP5202350.JPGP5202359.JPGP5202349.JPGP5202354.JPGP5202355.JPG
次の日は小豆島。タクシーをチャーターして島を半周しました。地ビールが美味しかった。そして横浜に帰ります。
P5212381.JPGP5212383.JPGP5212382.JPGP5212385.JPGP5212387.JPGP5212390.JPGP5212392.JPGP5212394.JPGP5212407.JPGP5212411.JPGP5212405.JPGP5212413.JPGP5212416.JPGP5222430.JPGP5222435.JPGP5222446.JPGP5222440.JPG
posted by entotsu at 22:14| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行った気になるパシフィックビーナス瀬戸内海クルーズ、その2

さて大塚国際美術館の続きから。今回僕が3時間で行けたのは地下3階から入場して地下2階まで、地下1階は10分しか入れなかった。感心したのは中世のフレスコ作品で、こればかりは現地に行かないと見れない。だから今まで作品を見れたのは画集などでしかなく、それも大抵細部拡大は無く全体図があるだけ。だから今回の様に写真は撮り放題、作品に触っても良いとなると今まで見られなかった細部がギリギリまでよって見れる、写真も撮れるで、これはなかなか現地まで行けない学生さんには相当勉強になりますよ。ボッティチェリもプリマベーラの細部が良く分かる。ブリューゲルのバベルの塔も原寸大で細部名で見れるのが良いよ。ファンアイクのゲントの祭壇画も原寸で見れます。
P5191999 (1).JPGP5192002.JPGP5192008 (1).JPGP5192011.JPGP5192017.JPGP5192018 (1).JPGP5192019.JPGP5192034.JPGP5192021.JPGP5192030.JPGP5192024.JPGP5192025.JPGP5192038.JPGP5192048.JPGP5192053.JPGP5192068.JPGP5192073.JPGP5192070.JPGP5192072.JPGP5192069.JPGP5192085.JPGP5192088.JPGP5192100.JPGP5192101.JPGP5192102.JPGP5192089.JPGP5192149.JPGP5192142.JPGP5192158.JPGP5192157.JPGP5192153.JPGP5192163.JPGP5192166.JPGP5192167.JPGP5192168.JPG

さて次の日は大三島に到着。このさびれて朽ちた町のありさまが良かった。ここまでの町は本土ではなかなか見つかりません。
P5202229.JPGP5202230.JPGP5202234.JPGP5202237.JPGP5202236.JPG
posted by entotsu at 02:15| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

行った気になるパシフィックビーナス瀬戸内海クルーズ、その1

上野の森美術館からの派遣でパシフィックビーナス瀬戸内海クルーズの絵の教室を5泊6日で担当してきました。まずは横浜出航から外洋に出てから結構な揺れで歩くのもよたよたした感じの中、教室をやって高松港入港して、鳴門の渦潮と大塚国際美術館。この美術館は大塚製薬が作った美術館で陶板に名画を原寸大で焼き付けるもので絵の具のタッチも忠実に再現されてます。すべて原寸大で、その規模が凄まじく地下3階から地上2階まで5階分の広大な会場に世界中の名画が収められています。流石に、油絵は複製写真の感じがしますが、フレスコやモザイクなどは質感も似ていて結構良いですわ。何しろ原寸大なのでかなり迫力があります。なかなか海外の美術館詣でが出来ない人は本物のスケール感を感じるには良いです。
P5171654.JPGP5171656.JPGP5171677.JPGP5171658.JPGP5171682.JPGP5171685.JPGP5181694.JPGP5171687.JPGP5181709.JPGP5181699.JPGP5181700.JPGP5181701.JPGP5181707.JPGP5191715.JPGP5191718.JPGP5191746.JPGP5191774.JPGP5191788.JPGP5191791.JPGP5191751.JPGP5191752.JPGP5191745.JPGP5181714.JPGP5191807.JPGP5191808.JPGP5191811.JPGP5191812 (1).JPGP5191813 (1).JPGP5191819.JPGP5191819 (1).JPGP5191818.JPGP5191820.JPGP5191824.JPGP5191827 (1).JPG
posted by entotsu at 01:57| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする