2020年09月04日

本日の牛久教室

今日から新しいポーズが始まりました。前回盛りすぎて固くしてしまったので今回は薄塗りぴょっこんです。
P9030246.JPGP9030248.JPGP9030249.JPGP9030253.JPG
しかしここでまた描きすぎ盛り過ぎが始まってしまったので反省してヤスリ削りやり直し
P9030255.JPGP9030256.JPG
今日はここまででした。どうもすんなりいきません。
posted by entotsu at 01:21| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

ANTOU3色そろい踏み。

今月の趣味文で僕の連載で取り上げた,ほとんどのメーカーのボールペンリフィルを装着できるANTOUが注文していたCタイプの別色がそろい3色そろい踏みになりました。こうなるとキャップ交換遊びができるので楽しさ倍増。早速シルバー軸には絵本で黒地に白で描くシグノのホワイトを入れました。この重さで白が出るのは感激です。ANTOUは多数そろえると面白いよ。
DSC07621.JPGDSC07625.JPGDSC07623.JPGDSC07622.JPGDSC07626.JPGDSC07627.JPG
posted by entotsu at 23:29| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

この頃の新製品。プラチナ新シャープ、ぺんてるピアニシモ復活。

プラチナからプロユースシャープの新作171の0,5ミリと0,3mmが出た。これがなかなか良いです。重さは25グラムで歴代最高の重さ。デザインはどこかで良く見た感じだけど新機構が芯のガイドパイプの長さが調整できるのと、芯のクッションを調整できること。指にあたるルーレット部分が極細に仕上げてあるので持ちやすく滑りません。重いもの好きにはこたえられない重量感。
DSC07611.JPGDSC07612.JPGDSC07613.JPGDSC07614.JPGDSC07615.JPG
コチラは復刻されたぺんてるのサイドノック式シャープ、ピアニシモ。新色の組み合わせバランスがセンスが良くなって、さらに透明軸なんだけど精度が高いので実にきれいです。サイドノック派には朗報です。
DSC07616.JPGDSC07617.JPGDSC07618.JPG
こちらはユニボール、ワン。以前も取り上げたけど顔料インクで耐水耐光性が強くて発色も良い作品に使えるボールペンです。ところがこれ、黒に5色あるのを丸善の宣伝チラシで知りました。ぬかったなあ!早々に買いに行きます。色々使えそうです。
DSC07620.JPGDSC07619.JPG
posted by entotsu at 23:39| Comment(0) | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする