2017年05月21日

ブリューゲル、BABERU展に見る1500年代の鞄

ブリューゲルのボイマンス美術館が持っているバベルの塔が都美術館に来ていて大変な人である。万年筆画の前に少し時間があったので見てきた。見るべきものはバベルの塔とボッシュの2点のみだが拡大展示や映像が結構凝っていて今まで気が付かなかったことが多く面白かった。その中に数の埋め合わせで持ってきていた版画が多数あった。ボッシュの真似をした2流の作家の作品が多いが、ボッシュには描かれていない風俗図があったのが面白かった。1500年代当時は運搬は農民は基本植物の蔓や皮で編んだ籠。腰のベルトから吊るされたポシェットが多いが形態は現代のモノと変わらないのが面白い。
P5211579.JPGP5211580.JPGP5211563.JPGP5211562.JPGP5211565.JPGP5211564.JPGP5211561.JPGP5211566.JPGP5211567.JPGP5211568.JPGP5211573.JPGP5211570.JPGP5211571.JPGP5211574.JPGP5211569.JPGP5211572.JPGP5211575.JPGP5211576.JPGP5211578.JPGP5211577.JPG

posted by entotsu at 04:03| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

ロビタのバッグとマドラスバッグ

ロビタのバッグは幅広の革を編み込んだメッシュレザーで有名だが、秘訣はリーズナブルな価格で凝っている割に安い。さらに革が帯状に切られているので良い革なのかどうかが分かりにくい。僕は割合好きな作品でネットで見るととんでもない数のバリエーションがある。売れてるんだなあ。今回リサイクルショップで見つけたものは人気が無かったらしく現在のラインナップには残って居ない。値段もべらぼうに安い。確かに帆布と組み合わせるには洗練がされてないし、実験デザインが見え見えで使い勝手も悪い。最初のオーナーも買ったはいいが使い勝手は悪いし、重いし、で嫌になってすぐ手放したのだろう。この冒険精神は僕は好きですけど。
P5191488.JPGP5191493.JPGP5191492.JPGP5191489.JPGP5191490.JPGP5191494.JPGP5191491.JPGP5191501.JPGP5191497.JPGP5191502.JPGP5191498.JPGP5191500.JPGP5191503.JPGP5191499.JPG
こちらはイタリアのブランド、マドラスのバッグ。500円投げ捨てコーナーにあった。ビニールのバッグの山の中にこれがあって、前オーナーは相当使い込んでから手放しているがあちこち擦り切れてはいるが縫製は丈夫でガタが来てない。正面の革のスエードのような質感は良い。
P5191505.JPGP5191507.JPGP5191508.JPGP5191509.JPGP5191511.JPGP5191512.JPGP5191515.JPGP5191513.JPGP5191514.JPG
posted by entotsu at 03:37| カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

DIMEのおまけ万年筆

現在発売中の今月号のDIMEに万年筆のおまけがついて780円です。この頃のおまけ万年筆は結構書きやすく出来ていて軸もそこそこ高級感あり風な仕上げもしてあって、結構重さもあって楽しめますぞ。この万年筆も書き出しから書きやすくインク切れもなく上手く作ってある。それでもう少しインクの出を良くしようと弄ったとたんインクが出なくなった。なんとペン先がべらぼうに柔らかく弾力がない。可塑性が高い。要するにたとえて言うと粘土みたい。だから耐久性は無いがなじみは良い。ルーペを忘れたのでイリジウムも付いているかどうかは分からない。それでも教室の皆さんも書いてみて書きやすい!と言っていたので悪くはないです。まあ、おまけ万年筆としてそこそこの書き味で数カ月遊べれば役割は果たすかな。
P5171459.JPGP5171461.JPGP5171463.JPGP5171462.JPGP5171464.JPGP5171471.JPGP5171465.JPGP5171466.JPGP5171468.JPGP5171467.JPGP5171469.JPGP5171470.JPG
posted by entotsu at 04:13| 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする