2021年05月14日

本日の牛久教室モデル

どういう方向で描きこむか、試行錯誤の結果あまりモデリングを厚くしないようにして空間を作る方向でやることにした。とりあえず今日の作画過程です。
DSC02518.JPGDSC02515.JPGDSC02516.JPGDSC02514.JPGDSC02521.JPGDSC02517.JPGDSC02519.JPGDSC02520.JPG
posted by entotsu at 01:59| Comment(0) | 絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月13日

第一次世界大戦のバッグ

戦争とバッグの関係をまとめようと第一次世界大戦の写真を見ていたら、機能的でありながら実に魅力的な形なのである。素材は革と帆布。職人技と美意識なんだろうか。中には子供の戦争ごっこの写真も出てきたのだけど、リアルだねえ!さすがに現在は戦争ごっこは廃れたかなあ。
DSC02501.JPGDSC02495.JPGDSC02496.JPGDSC02494.JPGDSC02493.JPGDSC02502.JPGDSC02503.JPGDSC02498.JPGDSC02505.JPGDSC02506.JPGDSC02507.JPGDSC02513.JPGDSC02512.JPGDSC02504.JPGDSC02511.JPGDSC02500.JPGDSC02499.JPG
posted by entotsu at 02:29| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

歴史が交錯するのが面白いラハデ、白馬。こんなのもありまっせサムソナイト

ラハデHAKUBAの刻印のあるショルダーがあった、革は良い感じで作りも凝っている。内装もしっかりして中にミニバッグなんか入ってる。調べてみると白馬にあるご夫婦二人でやっている1997年創業の工房兼ショップでした。ロケーションが素晴らしくて是非お店を訪ねてみたくなります。このショルダーは現在は廃盤のようでカタログにはありませんが革を格子に組んだデザインは今も使われています。革はタンニン鞣しにこだわりなかなかいい感じ。
DSC00030.JPGDSC00033.JPGDSC00034.JPGDSC00031.JPGDSC00035.JPGDSC00032.JPGDSC00020.JPGDSC00021.JPGDSC00022.JPG
次は年代物のサムソナイト。これは何時のモノでしょうyねえ?革はしっとりしてなかなかいい革です。しかしこんなボストンバッグは見たことが無い。かなり古いと思います。収納は実用的に凝っていて分別がしっかりできる。使われた形跡はありますが、頻繁には使われてなかったようです。
DSC00023.JPGDSC00028.JPGDSC00029.JPGDSC00026.JPGDSC00027.JPGDSC00025.JPGDSC00024.JPGDSC00023.JPG
posted by entotsu at 02:07| Comment(0) | カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする